山の花2013(追加分)
誕生日プレゼントに、ポケット高山植物図鑑をいただいたので、前回わからなかった分を追加!

oobakisumire1.jpg
オオバキスミレ
(キバナコマノツメによく似ているが、葉っぱが尖っている)

maidurusou.jpg
マイヅルソウ

mitsugasiwa.jpg
ミツガシワ

miyamakinpouge.jpg
ミヤマキンポウゲ

あと数種判別できないのがあるんだけど
高山植物ってくくりじゃないのかもしれん

fumei1.jpg
ツマトリソウに似ているけど、花が微妙に違う…

fumei2.jpg
チョウノスケソウに似ているが、葉も花も微妙に違う…

オマケ
kinu_en.jpg
キヌガサソウとエンレイソウが並んで立っている
けっこうこういう光景を見たので、仲がいい草なのかもしれん

oobakisumire.jpg
オオバキスミレの群生

gozenn_gun.jpg
ゴゼンタチバナの群生

maiduru_gun.jpg
マイヅルソウの群生

この日は湿度90%以上、ときどき霧雨だったので、緑がとても潤っていた
視界20mくらいなので、遠景はまるで見えなかったけど…
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
山の花2013
高山の花の名前を覚えようキャンペーン実施中

akamono.jpg
アカモノ

iwaume.jpg
イワウメ

iwakagami.jpg
イワカガミ

ukonutugi.jpg
ウコンウツギ

urajiroyouraku.jpg
ウラジロヨウラク

enreisou.jpg
エンレイソウ

kinugasasou.jpg
キヌガサソウ

kibanakomanotume.jpg
キバナコマノツメ

gozentachibana.jpg
ゴゼンタチバナ

kobaikeisou.jpg
コバイケイソウ

komiyamahannsyouduru.jpg
コミヤマハンショウヅル

shiraneaoi.jpg
シラネアオイ

syoujyoubakama.jpg
ショウジョウバカマ

chinguru.jpg
チングルマ(花/実)

mousen13.jpg
モウセンゴケ

あとは木の名前も覚えたいな
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
万博
先日、父が倉庫の整理中にちょっとおもしろいものを掘り出した
昭和43年〜57年ころの宝くじだ
全部外れ券なんだけども。
ただ、このデザインがなかなか良くて
そんなに凝っていない、しかし毎度季節やイベントの素材を盛り込んでいて
切手や絵はがきと通じるおもしろさがある
それも50年代に入ると、ゴテッとしたあまり面白味のないものになってしまうのだけれど。

その中でも、歴史的価値のありそうなのがこれ
takara44.jpg
昭和44年の万博協賛たからくじ

takara45.jpg
昭和45年の万博協賛たからくじ
それぞれ、万博前年/万博本番の年です
本番の年はさすがにちょっと盛り上げてる感が
この3枚つづりの特殊な券からもわかる
絵も、この頃の児童書にあった「未来のまち」のようでとてもいい

ほかにもこうした便乗(というか盛り上げ)商品って、巷にあふれてて
人々にはきらびやかな未来がそこここにあったのだろうなー、なんて想像します


たべもの
昨日は、午前中の早いうち〆切という仕事を無事終わらせて、夜は上京して来ている友人と「タベルナ・ユキ」で食事
なんて優雅な流れのつもりだったんだけど
その仕事が先方/当方ともに見落としがあり急な修正!ということになってしまい
19時過ぎに家をダッシュで出て赤坂、なんてことに
当然上京して来てた友人は帰ってしまい、急に呼び出した他の地元の友人2人と店長とで
ゆるゆるとお話をしながら食事をしました

そこで出してもらった、「タコのガリシア風」が美味かった!
タコがふわふわのトロトロで!
なんでも、ワインのコルクと一緒に煮ると、柔らかくなるとか。
これ、コルク皮剥過ぎで激減している昨今、いずれは失われてゆく伝統なのではないか?
季節限定なようなので、行かれる方は、是非ご賞味ください


あとは、フレッシュネスバーガー今年のハモンセラーノサンドが旨いなー
あと何回食べに行けるかわからないけど、自転車で30分圏内にいいフレッシュネスを発見したので
本格的に夏がくるまでに、3回は食べに行きたい。

hamon13.jpg
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
夢であいましょう/いい音楽いっぱい
今朝見た夢が
東西の友人が一堂に会するとてもハッピーなものだった
「三鷹のフレッシュネスバーガー」という認識の
地上4階建て・総ガラス張りの温室みたいな建物に
中は木造で、いろいろな種類のアンティークなミニソファが並んでいて
中央は吹き抜けになっていて4階はミニライブができるようになっていて
今日もライブがあるようで、別料金で入場になっている
3階から下は音は何となく聴こえるけど姿は見えない、という構造
けっこう盛況・だが飲みのもが高い!
コーヒー850円と専門店並みな値段
なぜかこの日3回もここに来る事となった自分はかなり躊躇

それとは別に、中央線とおぼしき電車がこれまたガラス張りのロープウェイのようなつくりで
大阪から来たはずのF氏が感心するほどこの車体と三鷹駅について詳しい

他にも、河原の道を吹奏楽団が歩いてたり
沢山の夏草が繁茂してる住宅地の道を走ってみたり
同席している女性の顔にラクガキがしてあったりと
毎度の事ながら盛りだくさん

先日のイベント用に作成した冊子に寄稿してもらった友人たちがだいぶそろっていたので
もくろみとして、1冊の本を作った友人たちで実際にもあつまって食事とかできたらなー
と思っていたので、この夢はかなり楽しいものだった
財布の心配をするところが妙にリアルだったが。


ところで先日の収録仕事は、早速蒸暑い季節に突入!だった
23歳になる主演の男子と、休憩時間にちょっと音楽談義
当方も、今真っ盛りの新人バンドについて話してるのに
お互いぜんっぜん被らないって言う
「今、いいバンドやミュージシャン、いっぱいいますよね!」
ってほんとそう思った

いろいろ聴いて行こう
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
大当たり
今週は人生初の大当たりがあって、とても驚いた
そして寝込んだ

水曜夜、下痢など若干体調の低下を自覚してたのだけども、特に不都合はなく
夕飯をモリモリ食べ、適度に仕事し、1時には就寝したのだが
未明に熱にうなされ目覚める、もう目グルグル、自分の体の距離感もメチャメチャ
痛む足首がかなり遠くに感じられる
長辺50センチくらいの枕の端っこに頭を乗せていると、反対側が手を伸ばした先に感じられるくらいに感覚が狂ってしまった
もう腰は痛いわ首は痛いわ…

そう、急激に割と高い熱が出たようなのだ
時間を確認したのが5時頃
そのまま煩悶しながらなんとか起きたのが8時
その時熱を測ると、だいたい38度だったが、今までの経験からすると、起きたときはもう少し高かったのではないか
あまりに酷いので、なんとか這い起きて9時になると同時に病院へと駆け込んだ
ノロとかインフルだと週明けの仕事にかなり差し障るからだ

すると、とくにウィルス性のモノではなかったようで
(と、いうかほとんど説明聞けてなかったのだが)
1時間半ほどかけて点滴を打たれて、解熱剤と殺菌系の薬と整腸剤渡されて帰ってきました
熱は薬によりすぐに37度以下におちたのだが
木曜は1日使い物にならなかった
食欲も戻らず、グルグル感はなかなか収まらなかったので。

夜、父が外出から帰って来ると
「食あたりじゃないか」と言う
父も昨晩、けっこう強烈な下痢をもよおしていたという
「あの半額の桜海老が悪かったんじゃないかな」 
あー、ソレダ。
なんとなく腹とか触診されたのを思い出し、医師も食あたりだと言ってたのではないか
もらった薬もそんな感じだし。

しかし食あたりて初めてだな、あんな高熱出るんだ。
ちなみに父は熱は出なかったらしい。木曜は1日仲間とウォーキングして
夜は飲んでかえって来たくらいだから

たぶん自分はちょっと風邪気味だったのだと思う

翌金曜は、早起きするもまだモニタを見るとクラクラ来るので
体調が戻って来てない感じ
しかし進めておかねばヤバい案件があったので、なんとかいいとこまで進める

そんな感じで、水曜からコーヒーを飲んでいないのだけれど
代わりに100%のオレンジジュースを常飲するようになってしまった
これ、砂糖入ってなくても、果糖でヤバいんじゃないかなー

佐藤は言ってなくても、加藤でヤバイ て、冗談みたいな変換してくれるんだな
余談を余談で終わらせる。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
唯一無二とか世界一とか
昨晩はカズオさんとアルタードステーツ@新宿ピットイン
ナスノ師匠(勝手に師匠と御呼びしてるだけ)とは2011年の灰野敬二「静寂」以来かも
カズオさんとライブも、昨年の朝霧JAM以来

その前に天気がいいのでチャリで横浜までの道のりを山の稜線たどってゆるゆる散歩
不意に思い立って井の頭公園で出展してるNくんを観に行く
そのままNくんと思い出の居酒屋1番乗りで軽く飲食

さてアルタード
芳垣さん、内橋さんともに現在劇伴の仕事をしているとかで
芳垣さんは演劇がハネた〜打ち上げの合間を縫っての参戦(例の宮沢りえの出演している演劇だそうです)

そんな多忙なことを思わせない濃密な演奏で
前半/後半ともに3塊づつの演奏
密度が高いので早く感じたが、両方とも1時間くらいやっていた

それにしても内橋さん
表現力では現在のエレクトリックギター世界一なんじゃないか、って思う
ただ、1番てなにをもってしていうものなのか、あやふやなもんだ
なんにせよ、あの音はすごい

恒例のリクエストショーは「milestone」

そしてナスノ師匠となつかしトーク
すでに出会ってから15年近く経つのだなぁ
3人そろって、変わってないだの、年とっただの話して解散
宮沢りえには会えたのだろうか

固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
おわりましたー
さて私のGWぽいことといえばこのイベント参加だったわけですが
ほとんどこちらの制作とGW明けに〆切の仕事で終わらんとしています

しかし、そのかいあってか、あっさり完売しました
半分売れるかな…とかだったのですが(言っても60冊ですけど)
comt104.jpg
このくらい

cmt130505.jpg
設営直後の様子
このあともっと売り物増えて、みっちりな感じに
それにしてもお隣のオブジェの存在感よ…
次回参加があればこういう部分にもちょっと注力しよう

豪華な執筆陣のファンの方々だけでなく
通りがかりの方々
ちゃんと中身を立ち読みして買って下さる方々が多く
そんな部分もいろいろ考えて作ったかいがあったなあ、と思いました
知り合いのブースや、いろいろなブース巡りもしたかったけども
やっぱ読んでくれる方との対面がいいなぁ

そんなこんなで、しばらく年1くらいのペースで
絵本やマンガやイラストみたいなもんを描いて本を作って出展
という活動を続けたいです
デザフェスもいいなー
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
いきもの図鑑
いまこんなかんじー

けっきょくできたてほやほやになるんだ


IKI_COVER.jpg

第1作

iki_naka.jpg
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
<< March 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
TAGS
ARCHIVES
SEARCH THIS SITE.
OTHERS
ADMIN