2010秋の新番組!!
なんかいきなり10月!
月の数も2桁に突入すると、一気に押し詰まって来た感がしますね、実際押し詰まってきた!
うひゃぁ〜、むやみにあせるなぁ

ところで、10月3日からCS局キッズステーションにて
新番組『うたばこ』が始まります
1回15分、月2回更新のミニミニ番組です
そして、しょうこおねえさん、久々のこども番組でもあります

さて、なぜここでその宣伝をするのかというと、
それはもちろん、オイラがしょうこおねえさんを好きだからです!

…というのはほんとうですが、もう1つ、重大な理由に
この番組の、しょうこおねえさんのお供である「ジャジャン」のデザイン・制作をさせていただいたのです。
ついでに、上記番組HPにある大きな箱の中に潜む役もしております。
うっひょ〜!
ぜひとも応援してください!!
utbk_cm1.jpg
*このはこです

そんな関係で、7〜9月は大忙しでした
しょうこおねえさんは、すっごくステキな方です。
utbk_cm2.jpg
*ジャジャンはギターも弾けるのです!
 ほかにピアノも弾いたりします

utbk_cm3.jpg
*ジャジャンは、待ち時間もきちっと配置についているのです!
 かなりやる気のある役者です。

そんなわけでキッズステーション『うたばこ』、どうぞよろしくおねがいします!

あ、新番組じゃないですけど、NHK『ブラタモリ』も10/7に復活しますね
こちらも楽しみです。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
すごい9月

100929s.jpg

なんかいきなり秋になってて驚く
つーか9月が3日くらいでおわっちゃったような感覚!

あ、宣伝があります!
明日か明後日くらいに…
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
ゲゲゲゲゲーな生活サイクル
NHK朝ドラの「ゲゲゲの女房」が先日終了してしまいました
始めて自主的にキチンと見た朝ドラな気がします
それまでは、主役の女の子がいかに好きであろうとも見続ける事は出来ませんでした

なぜ見続ける事が出来たのか
その理由は、たぶん水木センセが好き、ってのが大きいでしょうが
話の作りがとても丁寧で良かったからだと思います。
水木センセ自伝などの実際の出来事との距離感が絶妙というか
たとえばアシスタントにしても、「この人がつげ義春なんじゃないか?」とか「ガロ≒ゼタ」とか
この手のネタが豊富で毎回楽しみでした。
あとはいろんなところで言われてるけど、どんなに苦しそうでも、結果成功する物語だという事がわかってるから
「いつブレイクするのか」ってのを期待しつつ見れるというところも大きなポイントだったと思います。
あとは、自分がそう遠くない職種だということも影響してると思います
とはいえ、途中でマンガ家脱落しちゃう人や、アシスタントの菅ちゃんに自己を重ね合わせがちなんですが…

最終回2個前の、20周年パーティーのとき、初期アシスタントの3人が久々に会うシーン
あそこがとても良かった。
菅ちゃんの「あいかわらずナゾだなぁ〜」「いこっか」が妙に良かった

んでまぁなんといっても良かったのは、出演の女性陣がステキだったって事に尽きますけどね
竹下景子さん、熱演だったなぁ。
先月、ちょろっと奈良に行ったのですが、近鉄の駅中竹下さんだらけでした。
あれとのギャップがすてきすぎます。
ほかにもゼタの女性編集者さんもよろしかった。

gegegeg2.jpg
でもやっぱしこの家族3人娘が見目麗しかったです。

しかしどうしよう…
明日から生活サイクルが確実に狂う。
仕事時間=自分次第 だと、どうしても夜型に引っ張られてしまいがちですが
今年はゲゲ女のおかげでしゃっきり朝型で活動出来たんですがね…

テレビで言うと、「けいおん!」も終わってしまうので
「タモリ倶楽部」と「モヤモヤさまぁ〜ず2」くらいしか楽しみなものが残りません。

人生とは、変わってゆくものなのだなぁ
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
切り替え良すぎ
mokumoku2010.jpg
すっげーたいへんだったんすよ、オイラにしては。この夏。
んで、22日、泳ぎに行ったんです。山に。多摩川源流、小菅村に。
水温15℃だったけど1時間強泳いできました。
もう10数年ぶりに芯からブルブルした。
なんで15℃ってわかったかというと、まるで人けのない山奥の林道の先だけど、ちょうど入れ違いに水質検査だか水の生き物調査だかの方とすれちがい、彼は我々の姿(海パンにシャツ)を見て
「泳ぐの!?冷たいよ!15℃くらいしかないよ」
って教えてくれたからです。
しかし小学生のときとか、プールの時間はやたらめったらブルブルしてたもんだな
でも気温が33℃くらいあったので水から出るとだいぶ快適だった。
今シーズン最後の夏の娯楽だったなぁ
オイラと友人の2人だけだったけど。
いい年したオッサン2人(とはいえ友人は10個下)で、キャッキャいって飛び込みとかしました。
んで、小菅の湯にがぶーと浸かってバッチリ暖まってきました
小菅の湯、コレだけのために行くのはちょっとアレだけど
釣りとかピクニックとか川遊びの帰りに行くにはバッチリオススメです。

そんなわけで、オイラの2010の夏はほぼ仕事で引きこもって終わってしまいましたが
最後になかなかいい締めくくりが出来ました

あ、でもなにげに鳥海山登ったり京都行ったりしてるんだな
いい夏だったな


そして今日(23日)、気温20℃切るとか。
どーなってるんだー
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
九里より長いは
先日、オイラにしては超☆過密なスケジュルルの合間をくぐり抜けて
「久里洋二漫画展~太陽はどこに行くの?~
へ行ってきました。
久里氏のマンガ・アニメーションは、幼少の折からなにかと目にしていて存じ上げていたのですが
特別追っていた訳でもないのに、なぜそんな危険?を冒してまで最終日25分前に駆け込んだかというと
氏ご本人がツイッターで激推し!しておったからです

そして、行って良かったです。
小さいながらも余裕のあるギャラリーに、壁には100点を超える1コママンガ(うち半数が下ネタ)
奥にはプロジェクターで昨年完成した新作短編アニメーション(5分)の上映スペース
アニメーションは音楽:小山田圭吾/ボーカル:オノヨーコ。
最終日の最後だけあって、久里氏ご本人がいらっしゃって、たびたび「アニメーション見る?やるよ!」と絶えず10名前後いたお客さんに向かって尋ね、結果在廊中3回観ることができました
あの、とっても見せたい感じ。実に良かったです。気に入ってるんだろうなぁ。そういう作品が作れる、ということはとても良い

オイラにとっての絵画やアニメーションの「良い作品」というのは、自分で描きたくなるものです。
これは、とってもよい作品でした。
なんかじりじりと、静かに興奮してくる。

そしてご本人様は、とてもギラギラとした精力的な雰囲気を醸し出している方で、まぁ、はっきりいうとスケベじいさんという感じです。
でも、なんだかそれが妙にカッコイイ。
久里氏がツイッターを積極的にやっている、という事からの会場にきていた女の子との会話
女の子「私、ツイッターやってないんですよ〜、なんだかわからなくて〜」
久里氏「ツイッターやれよ!かんたんだぞ。ツイッター。おもしろいぞ!」

オイラもそんな感じのジジイ☆ライフを迎えられたら…なんて思いました。

前回に続き、今はじさまが熱い!のかもしれん。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
縁あって喜びの舞
なんかタナボタなかんじで登川 誠仁@青山CAYに行く事が出来ました
すばらしかった!
「40を過ぎたら、ニンゲン、こんなもんです」
とおっしゃる登川氏は御歳78歳。
実にすてきな先達でいらっしゃいました

HERMETO PASCOAL氏もそうだけど、今はじいさまが熱い!
9/3からの東京ジャズにも、Han Benninkという熱いじさまがやってきます!
行けません!

今年の夏は、妙にいそがしかったりスケジュールが立て込んだりで
久々のボンフル、是巨人に行けなかった事を皮切りに
自分でフライヤー描かせてもらったunbeltipoのライブに1回もいけなかったり
南博Go There!のレコ発にも行けなかったり
友人知人のライブものきなみスルーだしで、音楽的にさんざんだった感じですが
なんかここで報われた気がします
しかし、久々に行く気になった今週末のメタモは無理だわなー


しばらくはアマゾンで購入したCDのヘヴィーローテーションでしのごうと思います

なんかかっこいい・景気のいい音楽ありましたらおしえてください。
最近のお気に入りは
The Mars Volta
Samla Mammas Manna
The Brecker Brothers
The Flying Lizards
とかです。
あ、最近と言っても新譜ではなかったりします
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
自分の中のお化けと出会う
題名からすると、なにやら自己の客観視とか深層心理とかイドの怪物とか思い浮かべる向きもありましょうがちがいます。
去る23日、青山こどもの城にて、伝説の小児用DIY番組『できるかな』で工作の総指揮をなさっていた枝常弘先生によるワークショップが行われたのです
そのテーマが「みたこともないおばけをつくろう!」でした。

夏休みの期間中3日間、枝常先生によるワークショップは行われたのですが、毎回「紙1枚と顔」をテーマにして開催され、今回が最終回、夏にふさわしくお化けでしめくくりです
edw_1.jpg
ちゃんと手伝ってるように見えるオイラ(中央)

つくりかた
edw_0.jpg
単純明快!

edw_2.jpg
枝常先生、手製の「ゴン太くんエプロン」装着で総監督。
最後には有能な方の助手・山下さん特製の「枝常スタンプ」を押して完成です
このスタンプがステキだったのに、押してもらうの忘れました。
有能でないほうの助手は抜けてるなぁ

edw_3.jpg
みんなおもいおもいのおばけをひねり出し中!

edw_4.jpg
スゲー

そして本日のサプライズは、なななんとこどもの城にもナイショで、ノッポさんがやってきたのです!
古くからの相棒に会いにきた感じは、ぐっときますねぇ
そしてノッポさんてほんとにノッポです
edw_s.jpg
すぐ帰られたのですが、お母さんたち大興奮で突如握手会・撮影会の様相になったのがすごかったです。今回遊びにきていたくらいのお子さんたちだと、「できるかな」自体知らないのでぽか〜んでしたが、お母さん方が、上気してこどもに「この人はね、むかし、おかあさんが小さい頃にね…」て必死に説明してる様がそこここで見えて微笑ましかったです

その間中も、滞り無く淡々とワークショップを続ける枝常先生&枝常組、ちょうクール。

そんなかんじでワークショップはいろいろな盛り上がりをみせつつ、つつがなく終了しました。
枝常先生には、ノッポさんミュージカルのときといい、今回のワークショップといい、いろんな事を学ばせて頂きました。あ!「できるかな」からだから、相当昔からだなぁ
感謝、感謝でございます。

そんな枝常先生セレクトによる
『完全保存版 できるかな ベスト30選』
絶賛発売中です!

*こどもたちの頭の上から作品を撮ったもの以外は、ミュージカルの時にたいへんお世話になったH氏に撮っていただきました。(枝常先生に挨拶にいらしたのにそんなことをさせるオイラ思い返して深く反省)



さてすっかり夏は終わったみたいな雰囲気を出してしまいましたが、ワタクシ現在大変追いつめられておるのです。つい逃避してしまいました。
何に追いつめられているのかは、来月頭にお知らせできると思います、それとなくおたのしみに

あ、あと中島潔画伯のふすま絵観に行った話もあった
感動したのでこちらでお知らせします。いつか…
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
帰ってゆく夏
本日(8/16)は送り火でした


senkow.jpg



しかし、暑いよなぁ

これだもんな

100815.jpg

集中力をひねり出すだけで一苦労です



固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
<< March 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
TAGS
ARCHIVES
SEARCH THIS SITE.
OTHERS
ADMIN