そしてノッポさんはすごかった
 実は!いきなりですが
 10、11と池袋サンシャイン劇場でおこなわれていた、高見のっぽさん原案・主演・演出のミュージカル
 『ありがとう!グラスホッパー』
 の、スタッフをしておりました

 スタッフと申しましても、劇に出演してダンス踊りまくり歌歌いまくり…ってんではなく、ホール外の物販などがあるロビーの片隅の「工作コーナー」の人として、ペカペカの黄緑テーシャツを着て奮闘しておりました

bh1.jpg


 こんな有様で
 *モザイク部分は学校名が書いてあるんですが、万一この画像がひとり歩きしてしまった場合の対策です。部外者なのに、学校の品位を落としかねない風合いだもんで
 内緒にしてた訳ではないんですけど、けっこう急に決まって(今月頭くらい)間接的ながらもノッポさんの仕事のお手伝いが出来るなら!てんで、行ってまいりました

 このコーナー、ノッポさんの陰の右腕とも言うべき(表の右腕はやっぱりゴン太くん?)枝常弘(えだつね・ひろし)さんの発案による参加型共作工作と、氏の制作による遊べる工作の実演で成り立ってるのですが、これがまた異様な盛り上がりを見せての大盛況!

gh2.jpg


 こちらは参加型のほうのブース。
 1枚目の写真の背景にある「赤とんぼとコスモス畑」がそれなのですが、もう「やりたい!」ってちびっ子が大挙として押し寄せて、ボランティアの聖徳大学・児童教育の女の子たちもてんやわんやでした
 いや、てんやわんやは主に遊べる工作コーナーに、そこにあるお菓子箱でできた昆虫のように張り付いていたオイラなのでした。女の子たちはなかなか堂に入った対応で、すばらしかったです。
 こっそり枝常さんも笑顔で見ていらっしゃいます。

gh3.jpg


 こちらが動かしてあそぶコーナー
 何で出来ているかが一目瞭然(しかも空き箱・凧糸・割り箸・ストローと、家に常時ありそうなものさけで出来ているのもスゴイ)、実に単純な作りながらも、実際動かしてみると「なぜ?」となる工作物は、さすが「できるかな」誕生から工作の開発に携わっていらした枝常氏ならではだと思いました。
 中には演劇が始まるというのに「まだこっちで遊ぶ!」と言いはる子や、開演前にさんざん遊んだ上15分の休憩時間にもダッシュで駆けつける子もいて、本当にうれしかったです。
 大きなお友達や、お父さんお母さんも、感心しながら遊んでおられました。

 枝常さんも、完成した参加型工作の出来映えや、異様なまでに人気だった動かせる工作コーナーの様子に驚き、大変喜ばれていました。
 そして、最後にじっくりお話できたのですが、もう工作界の重鎮であっても、いつでも改良や発展について考え続けていることに感銘を受けました。

gh4.jpg


 こちらは2日目の「あの雲は何に見える?」という見立ての工作です。部分ですが、全体はほんとすごいことに!会場の運営の方々も「現代アートだ!」とひとしきり感心してらっしゃいました

 あ、ミュージカルも、最後の最後に見させていただいたのですが、これがまたスゴイ!
 ノッポさんの切れのある踊り(タップダンス)と、張りのある歌声に感動!お話はちょっとむずがゆいところがあるけど(それはきっとオイラが汚れちまったせい…)、とてもいいもので、構成も子供たちが声援を送ったり参加できたりの飽きさせない作りに、ず〜〜〜〜〜っと子供たちと向き合ってきたのっぽさん・枝常さんらの偉大さを感ぜずにおれませんでした
 劇中の工作物がまたすべて枝常さんの手によるものなのですが、それがまたイイ!そして開演ギリギリまで改良を続けていたという枝常さんのお話に、ほんと恐れ入りましたでございます…

 のっぽさん、枝常さんはもとより、学生さんたち、そして子供たちに、いろいろなことを教わった、貴重で濃厚な2日間を過ごさせていただきました。
 ミュージカルは、しばしの休養の後、2010年1月の名古屋公演を皮切りに、全国行脚の旅となります。興味のある方は、ぜひ会場に足を運ばれることをお勧めいたします!

 あ、そして!
 「枝常弘」で検索いたしますと、様々な工作の本がヒットします。こちらもチェックをお勧めします。幼稚園や学校の先生はもとより、お父さんお母さん、ほんとうにいろんな発見があると思います。工作そのものにもだけれど、工作すること、工作した後に。

gh5.jpg


 さらにさらに!
 本年中に、「できるかな」の極初期から最新までの厳選されたDVDボックス(5枚組)が発売になります。
 これが、枝常さん入魂の選出なんだそうです!特に1枚目は必見!とのことですが、ボックスセットにはノッポさん、ゴン太君、枝常さんの対談や、過去の映像を見ながらのコメンタリーをおさめた冊子が付属するとのこと!(こちらは現在作成中で、すっごくたいへん!だって)
 これはなんとしてでも入手せねば!

 ノッポさんのサイト、「ゴン太くんの扉」に枝常さんのコーナーがあるよ!
 枝常さん、ゴン太君の話をするときに「ゴン太が、ゴン太が…」って言うのが、ほんとにゴン太君のお父さんって感じでとてもなごんだ
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
いま、ノッポさんがすごいらしい
来る10/10、11日に、池袋サンシャイン劇場 にて
ノッポさんのちいさな音楽劇(ミュージカル)
『ありがとう!グラスホッパー』 が上演されます
NHKみんなのうた「グラスホッパー物語」「ハーイ!グラスホッパー」の流れを汲む物語なようです。
御年75歳!!のノッポさんが、原案・脚本・作詞・総合演出・主演と、なんでもこなし、かなりパワフル、アグレッシブらしいです
ノッポさんはタップダンスすげーんですよね、きっとその辺全開ですよ!
しゃべりまくり・歌いまくりなので、のっぽさん=しゃべらないの世代にはショッキングかも!しかし、新たな一面にほれぼれするかも!とのことです(事情通情報)

舞台は参加型のコーナーもあったりして小さなお友達もかなり楽しめそうとのこと。ホールにはいろいろな催し物も同時開催されるようです

ノッポさんの歌と踊りに興味ある方々は、ぜひどうぞ!
10/10、11とも、午前11〜の回と午後16時〜の回の2回公演
上のミュージカルのサイトに詳細載ってます。

オマケに…
ノッポさんのサイト


そんなかんじでーす
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
RABBITS '09

rab102030.jpg

今年の10月24日は『ラビッツの日』!

高円寺UFO clubにて
ラビッツ10周年特別記念公演『10-30-40』開催!
出演:ラビッツ 他
開場/スタート:18:00
料金:1500円(1ドリンク込み)
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
Egberto Gismonti
 9/13、14は、すみだトリフォニーホールに「エグベルト・ジズモンチ」さんのコンサートを観に行きました
 ジスモンチさんはブラジルの至宝、いや世界の至宝ともいうべき音楽家で、ここ3年ほど連続して来日しておいでなのですが、年々その満足度を更新してくださいます
 そして、本年の、さらには14日の回はもう神懸かりというか、歴史的名演に立ち会えた!っていう感動でいっぱいです!

 
gismonti09.jpg
 1日目はギターディ、2日目はピアノディ
両日ともに新日本フィルハーモニーがお供です


 13日はジスモンチさんファン3人で、14日はジスモンチさん知って数ヶ月の2名を加えた総勢5人で行ったのですが、終了後ホール前で集合した時(みなバラバラに席を取っていたのです)、そろいもそろって喜びと満足と興奮でテカテカ☆ツヤツヤ上気してて笑ってしまいました。オイラもそうだったんだろうなあ
 そして同じ場所で2年ぶりくらいで偶然であった元同じバンド仲間のカナダ人男子も、同様の様子で可笑しかった、ジスモンチさんを讃えつつ、再会を喜び合いました

 その後は、旨い・安い・店員さんが濃いの至れり尽くせりな居酒屋で大いに盛り上がり、至極の1日を締めくくりました。

 いい音楽、おいしいゴハンは、人をエネルギーいっぱいの幸せな風にしますね、いやぁたいへんよかった!
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
初☆ワークショップ
 えー、事後でなんですけど、去る9/6に、友人のイベント内で、パペット作りのワークショップをさせていただきました

 
papex.jpg

 はなはだ余裕の無い講師でしたが、総括すると「楽しかった」という方向なのではないでしょうか…そうであってほしいです。

 そんなわけで、「EXHIBITION」を更新しました。
 ぜひご覧ください。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
タモさん
10/1から、一部で伝説となったNHKの
『ブラタモリ』
が、レギュラーで始まります!
そのまえにパイロット版ともいえる昨年末第一回放送が9/24に再放送されます
いやー、楽しみだなぁ
タモさんが、下ネタを自制しつつほんのりと織り交ぜてくる様が、今からワクワクです。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
夏の外出
 お盆に、自転車持って京都・祇園に行って「熊野観心十界図(地獄絵図)・絵解き」 を拝聴して来たのですが…
 長々書いてた文章が保存失敗して消えてしまったので、簡素に済ませます…

 良かったです。

 …これだとあんまりなので、がんばってもうちょっと書きます。

 「熊野観心十界図」の絵解きは、8/9に地元密着型の西福寺という小さなお寺で行われたのですが、老若男女100名ほどがこの座敷にすし詰めで、あいにくの雨の中、蒸し暑くてさながら地獄絵図!でしたが、クラリネットとアコースティックギターの生BGM/効果音などもあり、あっという間の2時間でした。
 途中、普通にお参りにくる地元の方々や、近所の派出所のおまわりさんも様子を見に来たりで、寅さんの映画のような、和やかな雰囲気でした。
 
ky04.jpg

 少し解説すると、この地獄絵図「熊野観心十界図」は、それほど歴史が古い物ではなく、戦国時代中頃に描かれたようです。
 戦乱の当時、あまりに多くの人々が亡くなるので、精神の平穏を旨にこの地獄絵図をもとに各地で絵解きが行われたようです
 そしてこの西福寺でも先代の住職様がご存命な頃まで、絵解きが行われていたようですが、ここ数年は中断されていたようです。そんなおり、地獄絵図研究の関西学院大学の西山克教授が4年前から引き継いだのだそうです。
 多分に学術的(マニアック)な現代版絵解きですが、とても興味深く聞く事ができました。


 さてその前後に持って行った自転車で京都市内を巡りに巡りました、雨の中…
ky00.jpg

ky08.jpg

torii.jpg

 京都市内は実に自転車で走りいいですね!京都駅から西に向かって桂川付近から金閣寺〜下鴨神社〜銀閣寺〜などをぐるぐる回ったり、観光じゃ行かないような路地を探索したりしました

 秋口など、過ごしやすいときに再チャレンジしたいです
ky23.jpg

 そんなかんじです。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
夏の終わりの大団円
18日、アタクシのシス☆アン在籍最終GIGが迫っております
シス☆アンとは、sisterunderstandに、流行る深夜アニメの法則を当てはめた物ですが
流行る前に第一期が終了しました!ワォ!
来てくださる方はご一報ください。思いっきり平日ですが、時間遅いんで。

高円寺20000V
(高円寺PAL商店街アーケードの31アイス真向かい、31は現在雪だるまフェア実施中!)

最後のライブが、見事〆切とバッティングしたので、現在アタフタ中で、当日はきっといい感じのテンションで挑めると思います
ただちょっと怖いのが、出番がトリの21時過ぎ(21時半とか?)だもんで、お酒を飲んでしまうのではないか?お酒に溺れてしまうのではないだろうか?というところです。

で、題名は10年以上前のプリンス東京ドーム公演のときのアオリ文句ですが
なんとなく思い出したので使ってみました。


rei.jpg
よろしくお願いします。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
<< March 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
TAGS
ARCHIVES
SEARCH THIS SITE.
OTHERS
ADMIN