祈るような感じ

フォトショップの「アクション」機能がなかったら

今頃 身体は 

スルメイカのように なっていただろう



フォトショップの「アクション」機能がなかったら

今頃 心は

サキイカのように なっていただろう



ポエムおわり。

ここから侵略情報。

nige1.jpg

ニゲラ星人たちは、このように日々宇宙と交信しているのだった

nige2.jpg



固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
NHK教育『スコラ』と仕事が終んねぇ!
ほんと終んねぇ!


yukinoshitasome.jpg


庭が花盛りなので、心の平穏が保てます



ところで、NHK教育で土曜の夜23時半からやってる
『スコラ/坂本龍一 音楽の学校』が、かなり楽しいです
先日までが「ジャズ」の回で、計4回に渡ってピアニストの山下洋輔氏を迎えて、中学生のブラスバンド部?に講義をしていたのですが、その講義の様子がとても楽しいのです
中学生たちが、とまどいつつもジャズの精神を汲み取ってゆく過程が見えて、実に面白い&うらやましい
特に「モダンジャズ」の時のモードで演奏してみよう!は良かったように思う
ここから、ジャズにどっぱまりして行く子とかいるんだろうなぁー…
日本でもエッジな人に、こんな早い時期(若い時期)に直伝!って、もううらやましい以外のナニモノでもない!

中学生当時、ろくに音楽も聴かず音楽室前の廊下でサッカーやってた元ブラスバンド部は、後悔もしきりなのです

6月からの「ドラム&ベース」特集では、YMOのメンバーと、小山田圭吾が出るんですね、すごいな、で、生徒はこんど小学生かー
実に楽しみです
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
たびたびfrowers


hana1.jpg

hana2.jpg

hana3.jpg







シャクヤク、シャクヤク、ニゲラ。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
午睡の夢日記
18はバンドのツレにつきあってお茶の水楽器街に
19は仕事の打ち合わせで市ヶ谷のちょいはずれに行ったんだけど
その両方で、同じ放浪業のおばちゃんに会った!
駅そばならまだあり得るだろうけど
18は楽器屋の中、19は繁華街でも大通りでもない人通りのまるでない裏道の雑居ビル入り口で
うわ何だこれー!と、ちょっと混乱した。それくらいインパクトのあるおばちゃんだったので…


それとは別に、現在いっぱいいっぱいで
また 作業→軽く寝→作業…てループに入ってるんだけど
今日(20)の昼に小一時間ほど仮眠したとき、とんでもない夢をみたので記す。

左手の手術をする事になる
どういう症状かわからんけど、とにかく「ターミネーター2」のシュワ氏がやるように
1回骨から肉をべろって剥いで、もう一度縫合する、ってことをするらしい
んで、肘の裏側に、チューと麻酔を打たれる
で、肘の内側から手首まですーっと切られるのだが、痛い!
麻酔効いてないじゃん!って怒る。
たぶんこれ、リアルでは左手を枕にしててしびれてたんじゃないかな

んで、その後、特に手術はしないで家に帰るのだが
家に入ると(どうも知らない家)、戸棚の影から30代くらいの背は高め・目つきの悪い細身の男がいきなり現れ
オイラの左手を掴むと、下腕部内側に、開いたホッチキスを押し当て、針をバッツンバッツン打ち込んでくる
麻酔が地味に効いてるので、ひどく痛くはないが、痛い。
振り払おうとしても、麻酔のせいか力が出ない
それでもなんとかその男を振りほどくと、その男は不気味に微笑みのような表情を浮かべて、また戸棚の影に隠れる

あんなヤツが潜んでるんじゃあ、家にいたってリラックスできないなぁ〜
とか、のんきにずれまくってる感覚で、真剣に思い悩んでしまう。


なんかどうにもまとめられないんで、以上です。




固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
フライヤーが飛び交う
 昨晩は、unbeltipo@高円寺JIROKICHIに行ってまいりました
 unbeltipoは、現在の音楽シーンにおいて〜ロックやジャズ、ポップスなどといったジャンルにとらわれない広義な意味においての「音楽シーン」において〜かなり重要な位置にあると思うのです、1曲1曲の中で、音楽の誕生〜成熟〜破壊〜再構成〜熟成〜、が延々と行われるような感覚…
 音楽に興味がある方、それがどんな分野でも。実際現場で聴いておく事をお勧めします

 で、ちょうど7月からツアーがあるのですよ あ、今晩横浜でもあります
 ひとまず、レーベルのHPを参照してください
 SISTEMA

 7月からのライブに関してですが、ツアーフライヤーを描かせていただきました
 
un_f.jpg


7/27 神戸WYNTERLAND
28 京都ネガポジ
29 名古屋TOKUZO
8/11 高円寺JIROKICHI
27 新宿PITINN
 *各地の詳細は、おいおい出されてゆくと思います

 フライヤー、当HPのWORKS・3番にあるようにこれまでに何度かさせていただいているのですが、毎回すごく悩むのです、毎回「好きにやってくれ」と言われるので…
 で、好き勝手させていただいているので、これらは決して今堀さんはじめとしたunbelの方々の趣味ではありません。ぜんぶワタクシのせいなのです、すみません〜
 一応毎回そのときそのときのウンベルのイメージを考えてイメージしているんですけどね

 あ、あと同じ頃、ウンベルのベースで最近「teneleven(テネレヴン)」を立ち上げたナスノミツル氏が、3回目となるナスノ祭りを行います!
nasuno_f.jpg

 こちらも実に楽しみです
 ナスノ氏は最近ブログも立ち上げたようです。新鮮な情報はこちらで、チェック!


 あ、前回の記事で触れたニゲラはまだ咲いてません
 もうはち切れんばかりになってるんだけどな
 ニゲラはほんと不思議な形状をした植物ですことよ
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
FLOWERS OF なんちゃら
hana1.jpg

hana2.jpg

hana3.jpg

hana4.jpg



*今朝、庭で撮影した花々です
 下から2番目のニゲラは
 明日開花ってとこでしょうか





今日はむちゃくちゃ上天気だな
表ヒルズのART PICNIC行きたかった、20時までやってるそうだが
まー仕事も順調に進んでいるので、行けずともよし。

今晩はレバニラ炒めを制作&消費(創造と破壊)する予定

i-tunesのラジオ、1年ほど利用しないでて今日久々につないだら
チャンネルすっげぇ増えててびっくりした!
選べない!
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
おすすめる
とりあえず、国立新美術館ルーシー・リー展が良いのでお勧めしておきます

80歳時の制作風景/インタビュー映像がとても素敵です

ボタンと、円熟期の作品群にほれぼれしました

ksbk.jpg

おきにいりを1つ前にして、じっくりと愛でながら、ゆっくりとコーヒー飲みたい
いくらするのか想像もつかんけど


固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
みるものたくさん
なんか、身近な人が活気づいております

友人のひとがたこと茶谷くんが、とてもいい絵を描いています
舞妓の茶 本舗
ここの「小さなお茶の木」というウェブ絵本のようなコーナーです
PDFデータで、大きく奇麗に見れるので、レッツ・ダウンロードですよ
彼は、冒頭のリンクにもあるように、墨と余白のみで深い世界を描くのを得意としているのですが
このお茶のコーナーのようにカラフルなのも行けるんだなー
とてもみずみずしい。で、また墨が効いてるなあ
しばらく、プロデュース業で忙しく、絵を描いていないようだっただけに、すごくうれしいニュースです

良くグループ展でご一緒してるtamaxさんが
ART PICNIC vol.2
に出展する模様!
すげー、クワハラモイチですよ、スネークマンですよ!
彼女はまた5月末からニヒル牛2で個展もやるようです
精力的だなぁ

所によりカリスマ的人気のイラストレーター笹井一個さんが
5/23に行われる文学フリマ
『東京都の青少年の健全な育成に関する条例の改正案についてのコピー本』を出展する模様です
各業界の現場で働いている人々から原稿を募り、かなり精力的な内容になっているようです

*不勉強なワタクシの感触ですが、この条例に関して、なんでニュースでちゃんと流さないんだろう?ということに端を発し(流してますかね?)なにかうさんくささを感じてしまうのです
資料を見てみると、言論統制につながってしまうような危険さをはらんでいるように感じます。それ以前に規制の対象があやふやかつ正にマンガ的(そもそも「非実在」ですからね…)で、これをどんなスタンスで協議してるんだろ?と不安にすらなる。
「表現の自由の弾圧?そんなことないよ!」ってのが都側の意見なようですが、ちょっと見るだけでも実に穴だらけな条例で、その場のノリでどうとでも解釈できる感じ。審議が延期になって、多少良いようになってるのかな?
その辺の経緯や検証も、上の「条例本」に書かれてるかもです

個人的意見としては、酷いエロマンガとかは無い方がいいと思うけど、そういったいわゆる「悪書」を子の見えないとこに、ってのは親のすることでしょう
んで、見る子はいくら隠されようとも探し出して見るものです
それを権力で押さえる・制御するってなんかおかしい。(ぼんやりした意見ですみません)
「子どもを守る」なんてもっともらしい美辞麗句のもとにこんなことどんどん拡張して行ったら、ショックに弱い子どもをひたすら産み出しそうです。運動会で横1列でゴールした子らは、どんな大人になったのだろう。


で、ワタクシはといえば、とくにニュースがありません。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
<< May 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
TAGS
ARCHIVES
SEARCH THIS SITE.
OTHERS
ADMIN