なんかいろいろあったはずなんだけど
pixiv始めました
pixiv(ピクシブ)ってのは、イラストレーションのソーシャルネットワーキング?みたいなもので
絵に特化したmixiとでも言うようなものだと思います
なぜ今更?とか思われそうですが、自分の描いた絵をわりとでかいサイズのままいろんなとこにリンク張るのに便利、っていうのとか、その昔落書き道場という伝説の掲示板に投稿したものをでかいサイズで保管&再発表できるな、と考えたからですが
よくよく考えてみると、これ見る人もpixivに登録していないといけないので、けっこう発表できる範囲や傾向は限定されるんですよね…
イラストレーションでも、どうもみたところマンガ・アニメ系が98%を占めてるような具合なので。
でも、オイラが趣味で描いてるラクガキて、まんまマンガ・アニメ、そして特撮系が7割以上みたいな感じなので、あぁ、いいのか、と思った次第です。

そんなわけでIDは「ヒデロ」です。
rainyday_guts.jpg
不審者に注意

pixivというものの内情を見てみたくて、登録していない方は、GメールとかYahooメールとかを利用しても登録できるので、やってみてください。
マンガ・アニメ系ばかりでもないです。
ただ、人も作品も多すぎて、最初は混乱すると思います。オイラが今まさにそれです。



あー、無性に寒い!冷える、末端が感覚無い…!ておもったら関東地方で雪が降っているとか
ちょっとー!さっさと暖かさが北上しないと、いろいろたいへんだろ!
と、この怒りに近いやるせなさを沸々とさせてしまいます
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
どんどん新しくなる
NEWSに落書きを上げてみたよ
なんかオイラの柄じゃない感じな上、ニュースじゃなくなってきてるけど

桐野夏生さんの「メタボラ」を読んだ
相変わらずの暗黒部分ツッコミ系話だけれども(そして途中難度も暗澹たる気持ちになったけど)
これは「気付き、自己修正してゆく物語」かな、と思った
「もがきつつも強い意思で進んでゆく物語」とも。
みんなたくましいし。
はじめ、こんな折にこんなの読むんじゃなかった…とも思ったけど
グイグイ引き込まれて、日中の停電時間だけの読書のつもりが一気に読んでしまいました
今読むのはあまりお勧めしませんが、良書です。

そして今晩は、いままでメチャメチャお世話になってるライブハウス
「高円寺20000V」の新規開店店舗「東高円寺20000V」
ラビッツで生け花を担当しているヤマダが出稽古しているバンド
「クリトリスガールズ」のライブが決行されます(ワンマンじゃないよ)
ぜひとも張り切ってほしい!
始め、我が師匠(←勝手に思ってるだけ…)ナスノさんのイベント見に
秋葉原グッドマン行こうとしてたけど
絶対2万の方が客少ないから、こっちに応援に行きます

20000Vも、以前あった雑居ビルの火災で店を閉め
一時はこのまま消滅…なんて噂もありましたが
店員さんたちや、お世話になったバンドたちの働きかけによって復活した
とてもいいハコです
意思があれば、道は開けるのです

なんか無理矢理っぽいかな
でも、いろんな部分に前向きな要素を見つけていくのって、実に健康的ですよ

固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
東北地方太平洋沖地震に関して個人的な事柄
知り合いの方々へ

うちは家族・住まいに何の問題もありません

午前中に親戚の安否もほぼ確認できました

また、ウチの近所も、目に見えるような被害はありません

とりいそぎ、ご報告まで。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
春先取りしたら春の気配がなくなった
こんにちは!
神奈川県北東部ですが、朝から雪が降っています
三寒四温の温の方、もうちょっとがんばってほしいです
yuki110307.jpg

そんなこんなですが、昨日明け方に、さんざん告知しましたラビッツさんの不定期ギグのほう、つつがなく終了しました
いつもなにかしら事件があるラビッツさんですが(機材車インキー、ボーカルが仕事終わらず来れない、直前にシンセが壊れる、演奏中ギターが壊れる、ライブ直前にドラムが骨折など)
今回は逆に怖いくらいに何事もなく、なごやかに進行しました

すっかりおとなになったなー、ラビッツさんたち。

rab110307renzoku.jpg

イベントはトリのアラゲホンジさんで大盛り上がりとなり
大盛況のうちに終了しました
次はまた何時になるかわからないけども、早いとこやりたいとおもいます。

ではそれまで、皆様おやすみなさい

kazuone.jpg
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
ラビッツ冬眠から目覚める
結局表で宣伝してますが
ラビッツが2009年のイベント以来、2年ぶりのライブです
冬眠長過ぎて1年まるっと寝てましたが
そのぶん新曲作ったり、アレンジを一新したりしましたので
興味ある方は是非お越し下さい

詳細はトップのNEWSにー
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
更新されない日々
トップの「NEWS」がいつまでも更新されないので、いつまでも踊ってるみたいな事になってしまっているような気がします
ここを更新するには、イベントなり仕事なりなにやら創作的な新しい事をしなければならないので、ハードル高いです
3月頭にオールのイベントにバンドで出演するんですけど、そんなでっかなイベントでもないんで、表で告知するのもなー
と思ってたら、「アラゲホンジ」という、とってもステキカッコイイ民謡ロックバンドと対バン(というよりむしろ我々前座)することになってたので、告知するかもしれません!
ほんとかっこいいんだぜー、アラホゲンジ、じゃなくて「アラゲホンジ」!いつもいい間違える

続けて、最近あった事でもしたためます
・バンド仲間と作曲すべくパソコンもってスーパー銭湯行ったところ、10時間もいたが、作曲に費やした時間は2時間くらいだった
・渋さの舞踏の東洋先生のライブに行ったところ、こないだの舞踏ワークショップの生徒が図らずも5人も集まり、なんとなく同窓会気分に
・馬肉専門店で、「馬コロッケ」とか「馬メンチカツ」とか「うまそば」とか食う。すげーうまかった!シャレではなく

なんかほんとニュースになりようがない地味なことばっかりだなー
あ、先日雨が降ったときにスクーター乗ってたら、帰り深夜になっちゃって、普段から体感で2〜3度気温の低い川沿いの道がものの見事に凍結してて、ブレーキとかする間もなくきれいにすっころんだ!
スタントばりにきれいに滑ったもんで、ケガなし・服も多少こすれたくらいでたいして損傷無しで良かったけど、ほんと5年ぶりくらいにこけたわー

固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
筋肉痛とともに開眼
 いやーすごかったです

 なにがって、渋さ知らズですよ

 楽しかった〜

 もっとできた!ってのと もういっぱいいっぱい!ってのとか、心も身体もいろいろ入り交じって、なにしろすごく濃い体験ができました

 「渋さ知らズ」のオフィシャルブログに、当日の写真が上がっておりました。こちら
 オイラも何枚か写ってますが、かなり小さいです。白塗りワークショップの人々はこの写真チョイスではちょっと不遇ですなー(大きめのは本物の白塗りストの方々です) 

 すべてが良かったのですが、なんといっても松原東洋氏(白塗り隊の中心人物)のワークショップがすばらしかったです。いきなり・かなりオイラの生活に役立っていますよ
 例えば仕事の撮影で無茶なポージングで一定時間連続で人形を操作せねばならないとき
 デスクワークで同じ姿勢をずっと続けて座っているとき
 電車で立っているとき、自転車に乗っているとき、食器を片付けるとき…
 なにかにつけ、「今自分の身体にムダに緊張が走ってるところはないか?」って自問し、そこをフリーにしてやる事で、楽になったり、更にもう一段動けるようになったりするのです

 こういう考え方、やり方を知れたのは本当に収穫だったなぁ…さらにあのすばらしい音楽家たちの生演奏で壇上で舞えたんだもんなぁ、もうものすごい経験でした。

 さらに言っちゃうと、大好きなヴァイオリンの太田さんや、『あの』さやか&ペロダンサーズと一緒に記念写真を撮らせてもらっちゃいましたよウヒョー!(門外不出とします)
 
 
 さて、舞踏に話は戻りますが、あまりに楽しい経験だったので、経済的・体力的にムリなく続けてゆく方法を模索しております。「白塗り半裸で踊り続けたい〜!!」というより、それもなくはないですが、むしろもっと自分の身体を上手に動かしたい、完全に自分のものにしたい!って気持ちが強くわき起こっているのです。
 スポーツをずーっとやっている人は、こういった事(自分の身体の操作法)は無意識のうちに習得しているものでしょう、「こうしたら早く走れる」「こうすればシュートが入る」っていうことですよね
 舞踏はさらに「外側から自分の身体がどう見えるか」っていう要素が大きく加わってきます。これがけっこう面白くて、例えば自分では地面と平行に両腕を広げているつもりでも実際は下がってたり上がってたり、まっすぐターンしてるつもりでも軸がずれていたり、そもそもまっすぐ立っているつもりがそうでないとかって良くある事です。そんな自分の身体をリアルタイムで客観視するって事が、舞踏をやるってことの面白さの1つなんではないでしょうか

 たとえば、今回のワークショップでご一緒した方に教わった、william forsythe(ウィリアム・フォーサイス)という方の舞踏ですが(コンテンポラリー・バレエというジャンルになるらしい )
 
 すばらしいですねー!
 この動画の動きは、自分がどう見えているか知っていないとできない動きだと思います


 今回の渋さ知らズ参加で、こう言った欲求がもりもりと生まれでて来てしまいました!

 そんなわけで、おりを見て松原東洋様のワークショップに参加してみようと思っております
こちら

「デタラメな踊りの為にちゃんとした体の使い方を稽古する。
それが なんの役にたつという訳ではございません。
だだのオドリの話です。
経験は問いません。
どなたでもお気軽にお越し下さい。」
(ワークショップの紹介文から引用)

 なんかこのスタンスがとてもいいです
 よりデタラメに動けるようにべんきょうしにいくのです。
 そして帰りがけに阿佐ヶ谷や高円寺でうまい飯食うんです

固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
ホワイトニングで舞台ダンサーデビュー
いきなりですが、30日の「渋さ知らズ」公演に、ダンサーとして参加します
渋さ知らズ大オーケストラ公演「池袋大作戦!!」
 
 これの、「白塗り隊」の一員です。ウギャー!
 なんか抽選で当たったらどうすりゃいいか考えればいいや!って応募したら当選しちゃいました

 「タモリ倶楽部」のラーラーダンスでトランスー
 「東京イエローページ」の竹中直人のトランス芸
 桜玉吉の庇、映画「幻魔大戦」の冒頭で踊る人
 JOY DIVISIONのイアン・カーティス…
 などなどいろいろ影響は考えられますが
 とりあえず、やっとこう
 ってのが原動力みたいな感じです

 んで、この公演、チケットだいぶ売れてるみたいです
 オイラがどうこうというよりも、
 完全座席指定の劇場で見る「渋さ知らズ」
 ダンサー含むにぎやかしだけで50人くらい
 楽団はさらにそれより多いという「超・渋さ知らズ」
 どんな事になるんでしょう
 早めにチケットの入手をおすすめします。
 

 で、今夜はその踊りの稽古の第1日目でした。
 さっそく無茶な創作おどり?をしてきて、両足の親指がとれそうになってます
 ライブ当日まで夜に「ワークショップ」としていろんな舞踏に対する姿勢や実演を学んでいくんですが、さっそくきついです
 帰って来てこの時間で、翌日早朝から箱男の仕事とかで。
 思いつきで行動すると、こういうしわ寄せがどこかに寄って、危ない事になりますね…

 明らかにダンサー部隊では最年長な感じでしたが(学生っぽいのが多かった)
 そうとは気づかれないような華麗な舞を披露したい気持ちでいっぱいです。
 
 それにしても講師の方々の身体の動きは、ほんとすばらしいです
 この短期間にあの動きはできないでしょうが、なにかつかんでいきたいと思います


 そんなわけで、30日は池袋で半裸白塗りのボクと握手!
 果たしてオイラは頭を剃るのか
 多分剃らない、風邪ひきそうだから
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
<< March 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
TAGS
ARCHIVES
SEARCH THIS SITE.
OTHERS
ADMIN