ぐったり
やっぱ急にやってもダメですね
今週はペースを早めて、量多めで走るのに挑戦してみたんですが
日に日に走れなくなって
今日は4kmでダウンでした
その後酷く眠くなるとかそういう事はないのでまだ良い
腰から下がだる〜ってなってるのと
しばらくすると、背中にけっこう来てる感じ

今年の秋を目標に、じっくり走る事とします

そして今日はお彼岸で墓参りに行ったのですが
お墓の周りに、かなり背の高い桜の木が10本ほど並んでるのですが
かなり枝を剪定…というか、切り落とされてて
これから咲くってのに、大丈夫なんかな?って感じでした

あとは、特にありません
創作の方は、まるで進んでいません!
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
春一番
ですね。間違いなく

確定申告の書類提出して来たのですが
自転車で出て、行きはハイスピード
帰りはぜんっぜん前に進まない!
しかも花粉のせいか、鼻水こそ出ないものの
目がチリチリ、喉がモゾモゾ

なにしろひとつ面倒な事終わらせたので
仕事以外の創作(個人と友人らと共同の)に注力できる…
と思うも、いっつも頭の片隅で考えていたのだけど
まるで固まらないなー

っていうのが今日!

どうなってるかなー、1ヶ月後、2ヶ月後。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
10km
10km走れた

朝から、遅れてる確定申告の領収書をまとめ
計算を済ませ、運動不足解消と気分転換も兼ねて
夕方、1週間ぶりに走りに出た

そしたら10km走れた。

もしかするとまとめて10km走ったのって初めてじゃなかろうか
中学のときのマラソン大会はたしか8km
高校のときは部活で毎朝4〜5km走ってたけど(チャリ通学で往復12km)
純粋に走って10kmは初めてかも知れない
それも1時間きった。
いつも屋内で机に向ってる中年としてはそこそこなんじゃなかろうか
これ年内に10kmマラソンとか出場してみようかな、秋に手頃な大会あるか探してみよう

ちなみに走ってる時は音楽を聴いてる事が多くて
走り始めた始めの内は
メガデスとか速くて激しくて、「あがる」感じの聴いた。
次はテラメロスやTTNGなどのリズムが特殊なもの

後者は、リズムに合わせる必要がなくなるため、いい選択かな、思っていたが
でも、これってどちらもけっこうストレスになる事を発見
演者がパワフルに押し寄せてくるので、ついこちらも力んでしまい、疲れが早く来る感じ。






昨年の2月〜次の冬までは花澤香菜「クレール」がすごくランニングに合う事を発見
しばらく、ジョギングする事を「花澤くん」と呼んでいたほどになじむ



そのうち、またテラメロスに戻りあとはシャッフルで今年の2月を迎える

それからアイマスの楽曲に急激にはまり、コンサートを経て
アイマス楽曲が異様にエネルギーを沸き上がらせるように身体が改造されて行った

そして今日、だいたい1時間に編集したプレイリストをiPodに仕込み
まーいつものごとく4〜6km走ろう
と思っていたら、7kmあたりでちょっとキツかったが、8km越えた辺りで2回目のランナーズハイみたいのがきて
結局58分ほどで10km走ってしまった
ちなみにマシンなので、外なら2割引としてもなんか充分走れそう
アイマスすげーなー
ただ、曲によって途中で反射的にコールを入れてしまうので(心の中で)
呼吸が乱れるのがちょっと今後の問題

結構上半身(腕の振り)を気にして、気持ち大きめに振って走っているので
明日辺り背中痛くなりそう


固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
覚え書き
2/23
10年ぶりのさいたまスーパーアリーナ
アイマスの5時間におよぶでかいコンサートでサイリウム振りまくって来た

3/1
Gentle Forest 5/Gentle Forest Sisters @金のツボ
初顔合わせふくむ5人でワイワイ楽しく観て来た
いいバンド!

3/2
Rocki'n Jelly Bean初画集発売記念サイン会
小雨振る寒い中40分ほど並んで整理券ゲット
RJB氏にファン歴およそ20年にして初めて邂逅
覆面してたけど

整理券ゲットからサイン会まで4時間空く!っていう鬼設定で
あてどもなく都内を散策してたら
「東京5美大卒展」がこの日まで!って情報が入り、急遽突入
潜入とほぼ同時に某宇宙氏と出会う
先年の感動には届かないも、楽しかった(ナニサマ?)
ムリヤリ総括すると、なんか小粒な感じに思えた
ポップ路線の色、濃厚に
マンガ・アニメの要素を取り入れるってのは流行ってるので
それはまあ良いにしても
重厚なもの というか
4年間の集大成が、これなんだなー って作品には出会えなかったように思う
先年は、この人は4年なりでこのスタイルを手に入れたんだな
って作品がちょいちょいあったように感じた
ネタとして消費されるアートの量産体勢に入っている
芸大はまた違うのかな
選抜展がまた別にあるようなので、そっちも見てみたい
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
おとこの☆ゆうじょう
RUSH
よかった
ニキ・ラウダとジェームス・ハントのF1のやつ←ざっくりとした説明

'70を知る男の子、および少年ジャンプ大好き男の子(性別と年齢を問わず)は観に行くと良い
ケレン味の少ない、'70年代の映画を見ているような
ちゃんとした迫力のレースシーン。ドキュメントのよう
昨今のCGバキバキな「どこにカメラあるの?」っていう見せ方はそろそろ皆食傷気味なんでは?
ってとこに、この愚直なまでにカメラ位置を意識したような見せ方は返って新鮮

人間ドラマ部分も、ねちっこくやろうとすればいくらでもできそうな舞台なのに
案外さらっとしていて、レース部分との配分もいい

おもしろかったー、オススメです


BondageFruit(鬼怒無月3days3日目)
よかった
鬼怒無月と 勝井祐二のぷろぐれなやつ←適当な説明

高良さん、岡部さんのパーカッションはほんといいなー
大坪さんは今日は特に動いていたような気がする
鬼怒さん、今年50かー、思えば30代の頃から拝見しているのだ

今日は、ちょっとおとなしめ、というか丁寧な雰囲気でした
めずらしく、ギター、ヴァイオリンが引っ込んでるイメージでした
「マイナスワン」にまつわる、西海岸だかのFMラジオ生放送スタジオライブの話は
何度聴いてもおもしろい
皆の思い出が少しずつ持ち寄られ、少し補強された
40分ヴァイオリンのドローン音のあと20分の16カッティングを着替え続けるFM局 とか
「クレイジーチキン」のほうが合ってる とか
高良さんのクレイジーなキーボード演奏(プリセットの音色を1個ずつ試しながらピコピコやるっての、再現してほしい) とか
ネイティヴサン with アンフェタミン=ボンフル とか

アンコールの「黒いけもの」(いきもの)、おもしろかった
やっぱ全体を通して落ち着いた雰囲気だったな
丸一年前の年末だか年始のグッドマンの鬼気迫るのがまた体験したかったが
今日のもまたいいな


ともあれ、長野でメガネをなくしたのが痛い…
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
いやーまいった
2/15は半日雪関係に煩わされた感じ
雪国のひとにしてみたら、もう初級の初歩なんだろうけど
慣れてない身にしてはもうペース掴む事も出来ず
とにかく家の出入りが出来るように
宅配やゴミ収集の車が通れるように
庭の木々しなだれてるのをなんとかする
ってのをがんばってみた

尻と腿の後ろと脇の下(肋骨に貼り付いてる筋肉と筋?)が痛い
見事に普段使わないところばっかだ

yuki140214_1.jpg
15日朝8時頃、家の前の道 28センチ弱の積雪を記録
ウチの近所は袋小路になっているので
住んでるひと以外ほとんど車もひとも通らないので
積もり放題だ
これ、未明から雨になっていたので、最高もしかすると30センチ越えてたかも
記憶してるだけでもたぶん一番多いと思う

にしても、山登りを趣味にしていて良かった
山靴、厚手靴下、動きに対応できる雨合羽
そして311の時に買った軽量角スコップがとても役に立った

災害時にも役立つと思うので
(寝袋、保温着、ガスバーナー、水の買い置き、携帯食料…などなど)
1年に1度くらいしか行かなくても、山登りを趣味にするといいと思う
体力の具合もわかるし
年に1回は必ず登る!と決めていると、それに合わせて体力づくりもするし。

それでも尻と股関節は痛くなっているが。

しかし、東横線追突や特急車両が埋もれる、山梨が陸の孤島になるなど
今回の雪はとても被害が多い
早く暖かくなって、これ以上拡大しないと良いのだが。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
ちょっとまてー

てくらいに前回と同じ感じだ
寒い!
昨日、原始人の収録だったのだが、今日じゃなくて良かった…
2週連続で帰れないところだった

kantuba.jpg
先週に続いてまた雪をかぶってる椿

今週まるで運動してなかったので
ジム行くついでに某巨大団地に行ったところ
いい光景に
sechubuy3.jpg
梅並木!

sechubuy2.jpg
咲いとる!

sechubuy1.jpg
可憐だが寒そう!

オマケ
suberiyuki.jpg
すべり台からすべる雪

明日は早起きしてまた雪かきか…
股間と尻がまた痛くなるのだな
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
さて2014年2月8〜9は全国的に記録的大雪に見舞われたのですが
私、バッチリなタイミングで長野県にイベントの仕事で出張しておりました

7日に前乗りした時点で、ニュースでは
「8日は10年に一度のレベルの大雪となる恐れが…」
て、やっておりました
で、メンバー(8名)は、帰れなくなるんじゃないかと不安に駆られっぱなし
でもまー、いろいろ準備したし、いざとなったらもう一泊すりゃいいじゃん!
なんて軽い気持ちでひとまず初日はドピーカンの中会場設営の打ち合わせをし
夕飯を食べ、早めの就寝をしました

8日。一面の雪
すでに20センチは積もっています
hotelmae.jpg
朝7時頃のホテル前

yukichari.jpg
降り始めから6時間くらい
駅のそばの商店街。この時点で膝丈

いろいろあって(大雪で午前のお客さんが8割キャンセルとか)
早めの撤収となりましたが、もう朝の時点で「あずさ」「かいじ」大幅運休
帰りは名古屋まわりか長野まわりにしぼられ
まだ時間も15時半だから、最悪でも20時にはかえれるでしょう!
…なんて軽い算段でとにかく列車に乗る事に
 まず、いる駅のホーム待ち合いで1時間の待機
konakick.jpg
 すごい粉雪でふっわふわ
 そこから長野まで4時間(普通なら1時間の距離。途中、ポイント故障多数、踏切から脱出出来なくなった車などもあり)
 長野で2時間待ち(待合室でソチ5輪を楽しみました。食い物は売り切れ続出で、柿ピーが晩ご飯)

結局、東京駅に着いたのは0時半頃でした
遅延につぐ遅延で、まだ都内の電車がけっこう走っているので
ここでスタッフ解散して、私はとにかく東海道線で横浜まで行きました

横浜が、終わっていました
タクシー乗るにも、タクシー自体があまり走っていないらしく
乗り場の列はどう見ても1時間以上待つ感じ
そこそこ歩いて見つけたファミレスも順番待ち
かなり歩いて、なんとか空いてたファミレスにたどり着き、始発を待つ始末…

結果、朝6時自宅着
15時間かけて帰りました
昨年、塩尻にちょいちょいイベントスタッフで行っていた時は、3時間強で行き来出来ていたので
まーなんつーか5倍かかったわけですよ
海外旅行か!

ただ、おもしろいものも見れました
長野県内はほとんど風がなく、ただひたすら粉雪が降り積もっていたので
いろんなオブジェが出来ていました
konayuki14.jpg
例。車中から見たので、写真が間に合わなかった
ドラム缶がたくさん並べられてるとことか、ガスタンクの螺旋階段とかおもしろかった

中でもおもしろいのがお墓で
普段の厳かかつ、どことなく陰鬱な感じとは真逆な
保育園か公園の遊具かと見間違えるようなファンタジックな造形物に
yukihaka.jpg
こちらが画質悪いけどホンモノ

しかし一番難儀したのが自宅まで50メートルのとこ
都会とはいえ、山の斜面にある住宅地なので、人通りはないし
吹きだまりは出来てるしで、クタクタになりました

そこから明るくなるまでとりあえず寝て、自宅付近の雪かき…
住宅地は、いかに早く/きれいに雪かきするかで人間性を問われるのだ

自宅の前の通りと、ゴミ集積場の雪かきをしていたのですが
親父と二人で1時間くらいかけてのけたくらいの量が
となりの中高生男子兄弟が出て来たら、ものの10分で片付いてしまった
早く起きろよ!
yukitubaki.jpg
こうして春になってゆくのですね…
なんか今週末また雪とか言ってるみたいですが

尻が痛いです(筋肉痛)
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
<< May 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
TAGS
ARCHIVES
SEARCH THIS SITE.
OTHERS
ADMIN