とらかららいよんへ
えー、この夏、7月に入ったくらいからパソコンの調子が悪くなり
何度かクリーンインストールしてるけど、誤動作も多くなり
・発熱はんぱねぇ(休ませておいても起動時にいきなりファンが高速回転)
・タブレットのペンストロークについてこない(仕事上異様なストレス)
・なぞの開かずのフォルダを作ってしまう(再起動で回避できるも訳が分からない)
・光学ドライブの認識が5割(バックアップとる時困る)
・バッテリー(ノーパソだから)ぱんぱんに膨れ上がり(特に問題ないけど怖い)


5年目突入のノーパソなんですけど、ノーパソて確定申告時の耐用年数3年なんですよね
ウチはこいつをほぼ毎日10時間とか動かし続けてるので、持った方だと思います
いまでも、ちょろっと使う分にはなんの問題もないので、サブ機として大事にしていこうと思います

ところでワタクシは生まれてこのかたMacユーザーなのですが
とくにこだわりがあるとか、オシャレさんだとかいうことでなく、慣れているからです。

んで、今回OSがタイガーから一気にライオンにポケモン進化したのですが
いろいろ変わってちょっとオドロキです
あいかわらずムダなアニメーションが多いです。でもそんなところもMacの楽しさなんでしょう
それで発熱するくらいならなくてもいいと思ってる側の人間ですけども

さてこれで仕事の効率も上がる!
とか思っていたのですが
今日は朝から頭が痛いんです。
残暑のほうもなんかムキになって温度を上げてきやがるし
でも、なんだかんだですっごい仕事が押しているので、ライオンにまたがり失踪いや疾走したいと思います

Mac-OS、ライオンの次はどうするんですかね、もう王様使っちゃったから。
幻想動物いくんでしょうか。「ペガサス」とか「グリフォン」とか。
で、最後は「ドラゴン」ね
なんかネットゲームっぽいな
ここはいきなり鳥類どうですかね
最初は「チキン」で、「スワロー」とか「ダック」とかもったいつけて
途中「ペンギン」とか「ハシビロコウ」とかに寄り道して
最後の方は「コンドル」「ホーク」「イーグル」
で「フェニックス」で終了
結局ポケモンぽいな



しごとします。
固定リンク | comments(1) | trackbacks(0) | この記事を編集する
水中生活
世間的に見ればぜんぜんたいしたことじゃないですが
嬉しいので書きます!

生まれて初めて、息継ぎなしで25m泳ぎきれましたー
わー!

小〜中〜高と、授業で水泳があったにかかわらず、まるで泳げるようにならず
以降は自らすすんで泳ぎにいくことはせずに幾星霜

ほんの4年程前に、なんでもないようなきっかけで泳ぎ始め
仕事で知り合ったスポーティーなお方に1度基本を軽くコーチしてもらって
その後は自分でなんとなく考えながら、地味〜に続けていたところ
半年ぐらいで25m泳げるようになり
(それまではせいぜい15mといった具合でした)
その後は、特に目標もなく、運動不足解消くらいの気持ちで水泳を続けていたのですが

今日、なんとな〜く水中で冷静で
これ、水中で冷静なときって、息が続くんですよね
すると、終盤けっこうきつかったですが、なんか息継ぎせずにできました!

いやぁ、もう伸びしろなんてないようなオッサンなのに
これはほんとに嬉しいです。快挙ですわー

jetswim.jpg

水の中って、いいですよね

いままでも、夏に山とか行くと、清流を見つけるたびに全裸で飛び込んでたりしたんですが
そのたび、水中で、呼吸に頓着せず暮らせたら、いいだろうなー て思っていたものです
天気のいい日のすいてるプールでも思います
水面の光の揺らめきが、水色のプールの底にとどいて、静かにめらめらとしている。
空気中の音は伝わってこない
明るく つめたく 静かな世界です

そこでゆっくり正座してお茶でも飲めたら、最高だろうと思います



そんなことを書いていたら、大雨が降ってきました
都内では、神田川の水位が急上昇とかで、地下鉄丸ノ内線などが止まってしまいました!
以前、神田川そばに住んでいたときも、1度、あふれかえったことあったなぁ
神奈川でも洪水/土砂崩れ警報が出た模様

すみません、水の中では暮らせません!ゴメンナサイ!!
適度なところで、やんでください
固定リンク | comments(1) | trackbacks(0) | この記事を編集する
暑ものに凝りてナマズとフグ
今日暑くって
起きた時点(8時前)で30℃くらい行ってたもんだから
もう午前中でゆだっちゃって、あったま痛くってしょうがねーもんだから
11時から仕事の道具をざっくり抱えて近所のドリンクバーのあるファミレス行ったのさ

んで、ドリンクバーで甘くて冷たい抹茶ラテを浴びる程飲んで
冷房に冷やされてたら、調子が戻りました
やっぱし熱射病の症状だったのかしらん。
ハンバーグとドリンクバーで4時間以上いさせていただきました
ありがとう、c○c○s!

しかし、すごいね空調!さすがだわー
今シーズン、まだ冷房を入れていないですが
いい加減わけわかんない意地張らないで、使おうかな…
とりあえず、パソコンでガリガリ作業しなくちゃならん段に来たら
いやでも冷房入れないと仕事にならんだろうけど

電力足りますように。


あ、あと「今年はセミいなくね!?」なんて言ってた関東平野ですが
一昨日ほど前から、ウチの小さな庭もヌケガラ天国です
やっぱり今年も多いのね、セミ。
なんかほっとしました。


someone110808.jpg

先日の記事に書いた『プロジェクト福島!』
あのオグリヒデトもダンサーをしたことがある「渋さ知らズ」が出演することになり、かなりテンション上がってきました!
*「あの」のつく位置と書き方に作為的な物があります
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
福島は福の島
大友良英氏主催による
プロジェクト FUKUSHIMA!に参加してきます
完全に観客としてですが
尊敬する方の運動を応援する、というのも大事だと考えたもので

ときにこの参加の交通費
新宿より福島の開場への往復バスの料金が6300円て、激安!(詳細)
これは H.I.S.の全面協力によって実現しているのだなぁ
JR東日本も、つい先日、1万円で新幹線から何から乗り放題パスを発行しておりましたが
企業がこういった元気づける為の尽力をしていることは、ほんとうに凄いことだと思います
そういった企業努力を後押しする為にも、政府および東電には正確かつ迅速な情報を逐一流してほしいものです

ところで大友良英氏ですが
10数年前、今はなき高円寺20000Vでのノイズセッションで、あまりの音圧に気分が悪くなって貧血を起こした って経験が根深く残っていて
ワタクシには「えげつないノイズの人」という認識が強いのです
ONJQのカッコイイ・オサレ〜な活動も拝見しているのですが…
しかし震災後の氏の活動の早さと明確な意志は、ほんとネット上のみでの知識ですが、ほんとうにすごいなー、と思っておりました
使命感なのかなー

ところでこのイベントにはワタクシが長年(勝手に)師とあおぐ、ナスノミツル氏も参加しておられて、福島の地でお会い出来るのが楽しみです

一緒に行く友人は「福島大風呂敷」の準備もしていて、偉いなーと思いました
今からでも間に合うかなー



ところで、そこここで聞く言葉ですが
「ノーモア フクシマ」てなんか違う気がしています
過去のものに押しやってしまうような語感があるように思うのです、私の個人的な感覚かもしれませんが。
カタカナの「フクシマ」が示すものってなんなのだろう?
大友さんの「FUKUSHIMA」は、海外に向けても「福島から文化を発信する!」という、明確な意図が説明されているのですが。
…これは蛇足であるかと思います

あともう一つ。
もうすぐ終戦の日です
日本が「原子力爆弾を落とされた国」でなく、「原子力発電所の甚大な事故が起きた国」として
被爆国としての位置づけが変わってしまったように思います
このことについて、原発推進してきた/いまもなお原発を推進し続ける人の見解を、じっくり聞いてみたいです
ここでは、当方は特に「反原発」の意識を持っていません
フラットな立ち位置で、どんな信念があってのことなのか知りたいという気持ちです。

 (仮に原発がなくなっても、火力発電等でまかなえる、という意見もあります
 それによって増えるであろう化石燃料の消費/それにともなう原油等の輸入にかかる経費/Co2の増加…これらもクリアできるなんて話しも聞きました。また、火力発電用の木々の管理として林業の復活により、里山も復活して一挙両得という意見も耳にしました。
 が、どれも確証がある意見として流通してるとも感じられない
 政府の立ち位置が曖昧だからでしょう
 むろん、当方が、それらについて確信持てるくらいに調べていない/不勉強であることが一番の原因ですけど。
 テレビ/新聞の情報はあっちいったりこっちいったりでなんとも心もとないし…)

科学の進歩と経済・文化の進歩は二人三脚というか、同じものと考えていいと思います
それゆえ、一度発展した科学力などをなかったものにする「技術に後戻りはない」という意見はとてもよく分かります
「昔の、質素な時代にもどれ!」というのが、どれだけ困難で厳しいことかも想像に難くありません。
だから、原発を残すにしても、個人の利益を確保する為に安い炉を造るとか、そういった昔々の地方の有力者みたいな思考はまるっと捨て去って
それを利用する人間も、科学の進歩と同時に思考を進歩させなければ、手に余る技術だということが誰の目にも明らかになってきているのです

我々は今後の原発をはじめとする原子力エネルギーのあり方を注視して行かなければならないし
同時に流言飛語に惑わされない知識と知恵も必要になっています
さらには、いざというときに声をあげ、それを中央に届ける行動力も得なければ成らない
やることがいっぱいあるなぁ〜
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
たてもの探訪
本郷館に行ってきました

hongoukan1.jpg

これは上記リンクのウィキペディア見ていただければだいたいのことは分かるのですが
東大の近所にある、木造3階建ての建物で
関東大震災にも東京大空襲にも奇跡的に耐え
築105年を誇るものです

7/31に「明日ついに取り壊し」
という友人からの情報で、いそいで行ってきました、8/1に。
まだ本格的な取り壊しははじまっておらず、数人の業者の方が周りでお話をしていたくらいでした
中はどうなってるのかわからんけども

しかし、これ、内部ツアーとかあったのなら、参加したかったなぁ…
ネットで調べれば、けっこうな量の写真は出てくるけれども
内部や、中での生活の様子の写真はなかなかない

ワタクシはけっこう古い建造物や廃墟とか好きで、たま〜に行ってきたりするのですが
どうしてか、と考えた時これは、案外ノスタルジックなものは少なくて
オカルト少々、大部分は未来を幻視しているような感覚なんだと気付きました
SFです
遠からぬ未来、人類が滅亡…とまではいかずとも、けっこう減っている時
そこに不意に降り立ったような感覚
夢想の中に不安が混じっているのです
だからか、こう言うのを見てるときはけっこう興奮している

あと、そこでの生活を考えるのも好き
特にここ本郷館では、内部の作りを想像しながら
絵描き仲間や、バンド仲間と暮らしたら楽しいだろうな〜とか妄想するのです

けっこう健康的でございましょ?



hongoukan4.jpg

hongoukan3.jpg

hongoukan_2.jpg
裏手から
本郷館横はちょっとした坂に成っている
タモさん好きそう

hongoukan5.jpg
けっこう鋭角な北側角

hongoukan6.jpg
建物データと工期

hongooukan7.jpg
みっしり感がなんとも良い

hongoukan8.jpg

hongoukan9.jpg
ツタに寝食された裏口


いろいろな生活があったのだろう

105年て、長いよなぁ
歴史的なものが消えてゆくのは寂しいですけども
それも含めて歴史。

しかしこの辺りにはまだ板壁の家屋が多く残っていて、散策しているだけでかなり楽しい
完全に取り壊される前に、また行っておきたい


おまけ

ついでだったので、東大の中を散歩してきた
teiman1.jpg
帝大☆下水

teiman2.jpg
東京帝国大学★暗
(暗渠のことであろう)

やー、歴史が息づいてる街ですなあ〜
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
イグジット スルー ザ ジブリショップ
バンクシー映画がとてもよかったのでオススメします!

ワタクシの大好きな映画「24hours party people」と似た高揚感がありました

バンクシーはとんちが効いてるのがすごくいいと思います

あと、ほどよく肉体的なところ

とんちが利いてて適度に肉体的 て理想です


yamo.jpg
写真は北向きのめろめろガラスに貼り付いたヤモリさん



あぁ、そういえば国芳もとんちが効いてるなぁ
個人的には、あの頃の絵師のとんちっぷりで云ったら、杉浦日向子さんの「百日紅(さるすべり)」の影響もあり画狂老人こと北斎に軍配があがるけども
国芳のユーモアたっぷりのとんちは、とても健康的で良い

追加でした
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
国芳展覚え書き
国芳展行ってきた

猫好きとのことで、猫の図版が多く展示してあった
それに対し、街の風情を描くのに割と描かれてる犬はあんがいぞんざいな感じ、特に毛並み
当時の犬猫の毛並み、国芳の描く猫は、自宅にいる猫だろうから多少毛並み良くて
それに対し街を描く際の犬は野良がほとんどだろうから、あえてなのだろうけれど
いくつかの作品で、猫の毛なみ
これを実線や塗り分けでなく、版木の型によるエンボス(型押しによる凹凸をつける)により表現しているものがあるということ
これ、少なくともあの場に展示してある他の動物ではない表現だった
また、猫の表情。
飾ってない、というかいわゆる「かわいらしく」かいてない
ほんとありのままの猫の表情を描いてる
しかめ面だったり、寝起きみたいな顔だったり…猫の油断してる顔なのだ
国芳、ほんとに猫好きなんだなー
擬人化で猫に着せている着物の柄も、猫の好きなもの(小判、鈴、スルメ、蛸、魚…)だし

他にも、肌の表現、空の表現、草木の表現などでも、ものによっては贅沢な版木の枚数を使ってることがわかり
これはテレビ映像や本なんかの印刷ではわからないなー、とほとほと感心した次第です
有名な力士のような風体の巨体が寝そべってちいさな大名行列を見ている「朝比奈小人嶋遊」の朝比奈(その巨大な人物)は、肌に見た限りでも肌色の濃淡に4色使ってる

しかし、太田美術館、混んでた。中高年の方々で。
図柄が細かいので、ガラスにおでこ付けて見る方々が少なからず居るのでしょうね
脂がけっこういいポジションに残っています
それと、作品の保護の為仕方がないのでしょうが、照明が暗い…
特に2階平置きになってるもの
図柄が細かいからじっくり見たいのに、影になってよくわからない部分が多々ある
地下は照明が悪いのか絵の展示法が悪いのか、光っちゃって見にくい…
老舗な専門美術館なのだから、なにかいい解決法を編み出してほしいです

そんな感じで、オススメ!
あ、後半あんましオススメ要素になってないな
でも、オ ス ス メ !
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
<< April 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
TAGS
ARCHIVES
SEARCH THIS SITE.
OTHERS
ADMIN