「ぱらぱらマンガ喫茶・garden」最終日のおしらせ
 さて 複数回にわたりお知らせして参りました
『ぱらぱらマンガ喫茶展』ですが、とうとう明日、3月22日が千秋楽でございます
 時間はちょっと変更になって11:30〜15:00と、ちょっと短いので注意です

para2010_0.jpg
 
 本日は明け方までの嵐はウソのようなぽかぽか陽気で、大入りと相成りました。
 
para2010_1.jpg

 いろんな方面からの情報で、いろんなジャンルの方々が見に来てくださいました
 ほんとうにありがとうございます!
 その中には、今日じゃないんですけど、当方の小学生時代の幼なじみ(四捨五入で実に30年ぶりくらいの再会!)や、十数年前に勤務していた会社の上司までおいで下さいました
 ほんとうに感謝です

para2010_2.jpg

 お子さんたちのワークショップも、なんとな〜く店番をしている者たちが生暖かく見守る中
 自発的に行われました

para2010_3.jpg

 お気に入りを撮影するのも自由です
 ちなみに被写体はアタシ作のうさちゃんでございます
 ぱらぱらかんけいなくね?いえいえ、あるのです。

para2010_4.jpg

 すっごいちびっ子も積極的ににぱらぱら作成!

 明日は15時の閉館と同時に撤収作業が始まるため、14時〜は、制作者の方々に会えるチャンスが格段に高いです!ただ、会場小さいので(10畳くらい?)ギュウギュウになっちゃうかも…?
 何はともあれ、あと1日!
 ぜひともおいでになってくださいな〜
固定リンク | comments(1) | trackbacks(0) | この記事を編集する
ぱらぱらマンガ喫茶2010『garden』のおしらせ
なんつーか
ほかの作家さんの作品がすごすぎるので
ぜひ見に来て!!

あ、タモリ倶楽部始まった!
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
ぱらぱらマンガ喫茶展!
間に合いました!
なにがて、13日からの
 『ぱらぱらマンガ喫茶展』
 です!
runrabbit_tv_PA.jpg
 なんだか肝心なぱらぱらマンガよりもそれに付随するものに心血注ぎすぎちゃいましたので、ぜひ見に来てください。



 いまモヤさま見てるので終わります。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
最初に4つ穴ボタンを目にしたのは誰なのか
「コララインとボタンの魔女」
が、やたらめったら良かったです。

ジャンルはホラーです
cora2x.jpg

つい描いてしまいましたが、実物はもっとかわいいです

ワタクシのアンテナが低いのか、ぜんぜん宣伝してない気がしますけど、すごくいいのでオススメです!
コンセプトアート担当の上杉忠弘さんのページ

アバターといい今度やるアリスといい、どんどん3D化していくんですねー
あとはメガネが軽くなるといいと思います。
メガネかけないでも良くなるのはいつの事かなー
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
春の庭
 2010年3月、第3回『ぱらぱらマンガ喫茶展』やります!
 主催はまいどおなじみ、あしたのんきさんです。いろんな賞とったりベビスマ出たり、なにかと多忙そうな中、グループ展の主催までしてしまって、ほんと尊敬します。
a0164075_21574990.jpg

 前回が2007年11月だから、丸2年ぶりですね、んで今回は前回よりも多い30名ほどの参加者となっているようです、「ようです」というのは、けっこうギリギリまでわからないからです
201002-11-75-a0164075_2158662.jpg

*フライヤーの裏面
 フライヤーはいつも大活躍のtamaxさんです

 特別サイトも開設されました
 『ぱらぱらマンガ"garden"喫茶展』
 参加者のサイトへのリンクや、ブログもあります。いろいろ見てみてください

 んでボクはといえば、作品は間に合う予定なんですが、初日〜しばらく出張してしまうので、会期の後半しか顔出せませんが、もしもオイラめあてにおいで下さる方がいらっしゃいましたら、18日以降でご連絡ください、なるべく在廊できるような段取りを組みますよ
 
 そんな感じですー、さっさと尻にムチ入れんといかん!
固定リンク | comments(2) | trackbacks(0) | この記事を編集する
大型運搬車両出発進行
 なんか1周年記念なのになんも更新がなくてよろしくないですね…
 正直なところ、うまいこと制作活動ができないのです、これがスランプというやつなんでしょうか。いやそんななぞの外来語に翻弄されている場合ではないのですよ岡!時間がないんだ。

 そんなこといってる間に、新たなバンドを始めました。
 
dumpcar_x.jpg
 それがこちら、『ダンプカー』です。
 バンドというか、グループです
 さっそく29日にお披露目イベントがあるのですが、なんだかとてつもなく事故を起こしそうなだけに、詳細を告知しにくいです。ダンプだけに、巻き添え事故も甚大な被害となること必至です。

 そんなわけで、うまくいったときだけ報告します。
 今後、ここでこの話題に触れられない場合は、事故が起きたと考えてください。
 
 曲はいいと思うんですけどね…
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
マシンなトラ
 ここらで年賀絵公開

tiger2010.jpg

 年賀状にはこれに若干加筆したものに切り紙で梅の花をちらして、直筆メッセージを添えさせていただきました
 
 張り子の虎ならぬ、マシンの虎でございます。
 首は縦だけでなく、縦横無尽に力強く振ることが出来ます。
 完全エコロジードライブなので、環境に優しいのです。
 
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
2010新春FUJI詣でサイクル
 みなさん、どうもです。
 本年もみなさまが良い感じですように。
 そういえば昨年元日に新規オープンしたんでしたこの『TV4D.jp』。
 一周年記念です。今後ともよろしくお願いします!

fuji001.jpg


 元日に思い立って1/2、富士山に行ってきました。裾野をぐるっと自転車で回るという算段です。
こんなようなルートです。(べんりサービス!)
 なんとなく決めたので、等高線が詰まってなけりゃいいかなくらいで全行程の距離も高低差も考えてなかったんですが、あ、等高線が詰まってると、急坂ってことです。にしてもだらだら登り30kmはきつかったです。カラダなまってるので最初のとこですっかりくたくたになってしまいました。
 
 しかして山梨南部〜静岡北東部はいいですね、どこからでもドーン!と富士山が見える
fuji005.jpg
 高圧鉄塔の間からも ドーン
fuji004.jpg
 踏切からも ドーン
fuji003.jpg
 カーブミラーにも ドーン

 
 さすが霊峰富士、どんなとこから見ても絵になります!
 しかもこの日は雲がほぼない快晴、上空の風は強いらしく上方につもった雪が吹き上げられてる様とか、かなり雄大でした。
 
 んで、一番上の写真は、そんな富士が大好きでしょうがなそうなおじさまに撮っていただきました
fuji010.jpg

 画面右側の方々です
 みなさん、バズーカ砲みたいなごつい望遠で、富士山の毛穴はもとより瞬きすら逃さん!って勢いでかぶりついておられました。とってもフレンドリーで、いろいろ構図を考えて撮ってくださいました
 上のはオイラが撮ってほしかった構図ですが
 「これでは青春真っ盛りの顔が見えないからもっと寄って!!」とか「タイヤで影になってるので、少し斜めにして!」とか、いろいろアレしてくださいました。青春真っ盛りって年でもないんですけど。
fuji002.jpg

 こんな感じです
 あぁ、今思えば、皆さんで富士をバックに記念撮影しておけば良かったかも。一期一会だなぁ。来年も行けば絶対会えそうだけど。

fuji009.jpg

河口湖は少し凍ってました。
fuji008.jpg

 樹海の中の道も走りましたよ
 特に引き寄せられることもなく、快適に走れました。ずーーーーっと登りだったけど…

 夕刻、ペンションのようなたたずまいの喫茶店に入りました
fuji011.jpg

 「ファーマーズキッチン」というところで、普段はランチもあるそうなのですが、正月のためかケーキセットのみでした。あ、上の写真、肝心な建物が写ってないですね。黄色い木造平屋のかわいらしいお店です。看板いっぱい立ってるのでわかると思います。「ファーマーズキッチン 富士山」で検索するといろいろ出てきます
  静岡紅茶とシフォンケーキ(ブルーベリーソースとヨーグルトアイスつき)をいただきました。オススメです!機会があったらランチをいただきたいです。
 聞けば、息子さんはここから片道20kmの距離を毎日自転車通学していたとか。スゲェ!行きは1時間切って、帰りは2時間かかるそうです。それはもうアスリート体型なんでしょう?と言うと、チャリ通学をやめてからは着実に太っておられるそうです。
fuji012.jpg

 お店の前にある謎の牛。角の間に霊峰をおさめているところが神々しくさえあるような気がしませんか。そうでもないですか。


 んで、今回は新たな楽しみに開眼してしまいました
セ ル フ タ イ マ ー
です。
 チャリ仲間に、富士山をバックに自転車担いでる写真を見せつけてろうと、いろいろ模索しているうちに、かなり興が乗ってしまい、のべ1時間くらいこれに費やしたでしょう。気づけば初心を忘れて自分の楽しみだけのためにやっていました。
 
 その1
fuji007.jpg

 富士越え
 *今年の抱負を物語っているかのような1枚です

 その2
fuji013.jpg

 富士に抱かれたい
 *富士に身を委ねんばかりのラヴを表しているかのような1枚です

 さてこれに至るまでにそうとうな失敗もあるのですが、もったいないので一挙公開します。

 その1
seiffuji01.jpg

 開眼したばかりなので、まだ大胆さに欠けますね
 タイミングもイマイチ合っていませんね

 その2
selffuji02.jpg

 地面が牧草地なこともありふわふわで、かなり大胆なポージングを試みています。偶然にも、ほぼ完璧なクックロビン音頭もありますね。あとで胸ポケットにiPodが入っていることを思い出しましたが、壊れてなくてよかったです。
 しかしここで手首と背筋を痛めました。あと膝に打ち身…今年はもっと鍛えたいと思います
 この一連の写真を見ると、陽のかげり具合からけっこうな時間ここでこうしていたことがわかりますね…あぁ、仕事でこの集中力を発揮させたいです。


 長くなったのでいきなり終わります。

 
fuji014.jpg
 では皆様、フライハイ!
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
<< November 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
TAGS
ARCHIVES
SEARCH THIS SITE.
OTHERS
ADMIN