粘土大虐殺の新春
早いもので2016年ももう1ヶ月以上経ちました

9日に恵比寿リキッドルームでありました
『チャネリング・ウィズ・ミスター・ビックフォード』を体験しました
ライブのテイなのですが、「体験」といったほうがいい感じ

DOMMUNEの宇川氏がホストを勤めるわけですが
このお方、DOMMUNE配信でも何度か拝見していますが
「やっべーよね」「〜だとおもうんだけどさ〜」「キミは○○なんだ〜」みたいな話しっぷりをナマで見ていると、こういう文化なのかー…と、軽薄な、流行りもんみたいな扱いに感じてしまうな。重厚である必要はないと思うんですが。
でも、進行は慣れたもので、しゃべりすぎる事も無く、スムーズだったので、さすがだなぁ、と感心しました。

ビックフォード氏は、もう白魔法使い!といった出で立ちで
どうやらそれはフルーツしか食さない(しかも熟れきって、自ら落下してきたもののみ摂る)
ところに起因しているのか、今にも煙になって消えてしまいそう

ライブは
・トクマルシューゴx上水樽力 チェンバーミニオーケストラ
・EY∃
・坂本慎太郎+菅沼雄太+AYA(OOIOO)
・ smallBIGs(小山田圭吾+大野由美子)+中原昌也
(順序とも/出演予定だった七尾旅人氏はインフルで欠席)
すべてがとてもおもしろく、4000円でこんだけみれていいの!?とう感じでした

詳しくはまた改めて
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
幸せな時間
年内に書いておこう

映画『ハッピーアワー』(濱口竜介監督)がとんでもなく傑作であった
5時間17分が するっ と過ぎて行った
いろいろ考えて、書き留めたので、いつかここにアップするかも
(今はまだ公開中なので保留)


あ、『スターウォーズ』、とんでもなくよかったです
まさか開始1分に満たない、黄色い文字があっちのほうに流れてゆくとこで落涙するとは
思いもしなかったです
年開けたら、爆音か4DXかIMAXで観る!
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
最近観たライヴ・映画・展示など
10月
●朝霧JAM
 メガネ&メガネ母というすごいメンツでウチの父カー借りて行く(高速で迷う)
 1日目はサチモス、GO!TEAM、!!!
 2日目はトクマルシューゴ、Räfven
 …が、それぞれ良かった!
 ニンジャちゃんのむきむきっぷりと、サチモス・トクマル氏の男前っぷり
 Räfvenの全力で楽しむ〜楽しませる姿勢!!
asa15_3.jpg

●渋カル際 チャランポ、柴田聡子etc…
 柴田さんすごく良い!CD購入&サインいただく!
 詩がするすると入ってくる ほんとの炎があるのなら、燃やし尽くしてみせてみて

●映画『リトルウィッチアカデミア』
 『キルラキル』などのトリガー作のアニメ。特に興味なかったのだが、評価に信頼置いてる友人が勧めるので観てみたら、とても良かった
 内容としても技術としても、元気になる作品。

11月
●東京モーターショー(3日)
 10歳少年を誘って行く。思いのほか趣味があって、「YAMAHA、いいね」とかいって写真撮りまくる
 コンパニオンのおねーさんがすっごい笑顔で手を振ってくれるのに、恥ずかしがって撮らないのもったいない
tms2015eyes.jpg
 モーターショーの目玉とマニアック小学生

●映画『VISIT』
 シャマラン監督作品という事前情報だけで、思いつきで行ってみたが、とても良かった!
 子供目線で老いる(老人)って、なんかわかんないけどコワイ!!っていう映画だと思う
 あと、ドッキリ多すぎで、そういうにかなり久々だったので、変に刺激的だった

●COMITIA 114
 久々の出展。新作は山登り小冊子のみ
 11月にしてはのポカポカ陽気。1月と7月のパンも旨い。
 旧作『いままで図鑑に載っていなかったいきもの図鑑』売り切る!
 おもいがけないひと(同人界の有名人)が挨拶に来てくれたりしてびびる
 素敵な訪問者が多かった
 N氏、数字氏とユキで創作についていろいろ話す。牡蛎喰う

●映画『恋人たち』
 周囲の評価がすごいので、こちらも「良い」「すごい」の報以外の情報無しに行ったが…
 …すごいの方向性が、自分の想像しているものとまるで違って、打ちのめされた
 しばらく心の置き所に困る。邦画界にとって、とても重要な作品になるのではないか
 限界までためて、もう息苦しいところで、ウッ、となったところで切り替わるカット割の妙に、すごく感心してしまう
 初めて、辛さに途中退席しようかと思ったくらい(違った辛さは『ムカデ人間2』で味わったが)

●デザフェス
 天気もよいので、不意に思い立って。
 2年ぶりくらいになるが、すっかりカワイイアクセサリー展示即売の雰囲気。8割、というと多く見積もりすぎか
 キャラものが多い。あと、完成度が格段に上がっている。初期は場違いなふうのひとが少なからずいたが、今ではもうほとんど職業でやっているようなレベルの売り物が多い
 そんな中で好みの作家さんを見つけては話し込んでたら、とても午後からの参加じゃ見きれない

●トクマルシューゴ、キセル、テニスコーツ@渋谷www
 朝霧のトクマルさんが良すぎたのと、その2つがどちらもライブ観てみたかったバンドなので、これ良いカードすぎる!と、発売日に買っておいた
 結果、テニス→雰囲気系かな?場所に合ってなかった? キセル→いいバンドだなー
 トクマル→やっぱいいなー、トクマル氏、ちょいちょいポールウェラーに見える。ちょっとフランクザッパの雰囲気ある

●高野文子原画展@ポポタム
 高野さんの流麗な線が、何度もやり直して(絵本に関してはミニチュア作って)描かれたものであると知る。修正や切り貼りが多い。その切り貼りもかなり丁寧(神経質、といってもいいくらい)なのだが。
 拝見して良かった原画

●シンデレラの舞踏会・ライブビューイング
 アニメ/ゲームの「アイドルマスターシンデレラガールズ」の3rdコンサート
 チケット外れたので、もういいやー!と当日昼からフレッシュネスでビール飲んでたら、友人より『LVまだ空いてると思いますよ』との報、もんもんとしてるくらいなら…と思い突入
 結果、とても楽しかったので、結局2日ともLVで観てしまう
 原紗友里さん、すごいエンターテイナー!まさにPower of Smile!

●映画『ガールズ&パンツァー』
 こちらも、周囲よりの高評価から、TVシリーズ観たことないのに行く
 (MAD MAX FRの聖地・立川で爆音上映するということも手伝い)
 とても楽しめる映画だった!なんでも、先入観で「観なくて良いもの」とか決めるの良くないな、と思った
 あと、小学生の頃、戦車道かじっていたので、出てくる戦車の8割以上わかったの楽しかった


       ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
その他(本/CD)

●筒井康隆『モナドの領域』新潮版
 楽しく読めた。これが長編最後の作とすると残念かも

●みうらじゅん『「ない仕事」の作り方』
 MJは、ほんとおもしろいなー 「マイ仏教」に続き、これバイブルっすわ〜

●大貫妙子『Tint』
 とても上質なポップス。編曲がほぼまんまピアソラなかんじなのは、少々食い足りないかも(ナニサマ!?)

●nouon『KUU』
 ヴァイヴ!、コントラバスクラリネット!・フェンダーローズ!・ドラムという編成のモダンジャズバンド
 この編成で、良くないわけないでしょ!と思ったら、想像以上に良すぎた!
 速攻ライブのチケとった

●ダニエル・クオン『Rくん』『ノーツ』
 勧められて聴いてみたら、とても面白かった
 ブライアン・ウィルソン、ホルガー・シューカイ、カール・ストーンなどの編集ものやジム・オルークの雰囲気がある。コラージュ感というか。とてもメロディのいいポップさもある
 キャッチコピーつけるなら、日本の街に済む「外国人」のリアル、とかそんな感じだろうか
 初聴き「冷静に破壊的」なんて感想を持ったが、クオン氏のインタビューに、ちょいちょいキーワードとして「破壊」があげられてたので、そう間違った感想ではないのでは

●ASTRO『ASTRO』
 チョイ前に南米ポップス紹介してもらってから、自分で南米もの掘ってたら、ガッツリ来たチリのバンド。2013年作品

固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
白馬岳
勢いで8/3〜5とかけて
北アルプス・白馬岳(しろうまだけ)および白馬三山縦走してきました
大雪渓〜白馬〜白馬槍ヶ岳〜鑓温泉のコースで
sirouma150802.jpg

またしても最高の天候
そして夕焼け〜ご来光〜またしてもブロッケン〜雷鳥〜2100m温泉
さらには下山してからの豪雨とかてんこもりです

詳しくは後日
記すかもしれないし、しないかもしれない
今は締め切りと修正作業に追われています

固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
2015年の山!
なんつーか!
すっかり放置のHP、でも仕事は結構してるし
毎日なにかしら起こっているのです(今日は空調と電子レンジが立て続けに壊れた)


先日、山に行って来たのです。2013年7月ぶりなので実に丸2年ぶり!
そして2年ぶりの北アルプス・燕岳(つばくろだけ)です
先月頭に、飯能にハイキング程度で行ってはいるのですが
やっぱ違いました

と、申しますのも、昨年末足の甲を骨折した事はちょろっと申しましたが
その後は運動らしい運動はしていなかったのですよ
(コンサートで5時間ぴょんぴょんしてたくらい)
ばっちり両足パンパンマンでした…
2013年には1日で踏破+チャリで松本〜登山口走破までしたのに
今回はだいぶ怪しい感じに…なまりまくってる

しかし、こんな自分の低調とは真逆に、二日間の天候は最高で
・2週間に1度、たまに見える程度と言われる富士山がほぼ見えっぱなし
・ちょいちょい薄曇りになるので、そう灼熱にはならない
・雲がかかっても上空の気流が速いので、かかりっぱなしにならない
・夕焼けも、厚めの雲のためカラフルではないものの壮大で良い!
・夜間は雲が完全に切れ、満点の星空/北斗七星がやたら大きく見える
・ご来光バッチリ
・ブロッケン現象まで見える!
というてんこもり!

山初心者の友人を2名連れて行ったのですが
日頃あまり出歩かない方がちょっとバテるも完遂でき、結果としては大満足だったようなので
ほんとうに良かったです

しかし2年前と比べると、見えてなかった景色がとても良く見えて
前もダイナミックだとは思ってたけど、その数倍ダイナミックだったんだ…!
と感心しきりです

下りは2年前同様東沢ルートを選択したのですが
そこそこ荒れていた2年前よりも、台風の影響でさらに荒れていて
そこら中の斜面が崩れており、倒木だらけ
道なき道もアリ、これ、来年当たりしばらく封鎖になるんじゃないの?てほど。
山小屋でも、初心者の方はルート選択を止められるそうです

では、写真付きで行程をざっと追ってみます

tb15_01.jpg
登山道から1時間くらい 松本方面を見下ろす

tb15_turu.jpg
槍ヶ岳〜!

tb15_adumi.jpg
安曇野〜!

tb15_hana.jpg
高山植物〜!
花はちょうどシーズンの隙間だったようで、キスゲは終わった後
コバイケイソウやチングルマ、シャクナゲは終わりかけ
アオノツガザクラはこれから、という感じでした

tb15_sanso.jpg
燕山荘、見ゆ!

tb15_bear.jpg
燕山荘では、生ビールが飲めるんやで…!

tb15_1.jpg
燕山荘からみる燕岳山頂

tb004.jpg
北アルプス/剣岳方面

tb15_koma.jpg
コマクサ〜
東北(岩手山)のものに比べると、けっこう大振り

tb002.jpg
コマクサの群生
燕山荘付近に、かなりたくさん、点在してる

tb014.jpg

tb007.jpg

tb008.jpg
燕岳の黄昏

tb011.jpg
安曇野はさんで群馬方面に巨大積乱雲

tb012.jpg
暮れてゆく北アルプス

tb15_sansokure.jpg
燕山荘の日の入り

夜は写真撮ってません、20時には寝ました
20時半頃、トイレに起きると満点の夜空
私のカメラでは撮れませんでした

tb15_yoake.jpg
明けて来る空(4時頃)

tb013.jpg
燕山荘からの朝日(4時40分頃)

tb15_you.jpg
V8!!(みんなマッドマックス観た)

tb15_bro.jpg
ブロッケン!

tb15_heri.jpg
補給ヘリがちゃきちゃきと何往復もする
下の方には富士山も見えます

tb15_iwa.jpg
燕岳山頂から餓鬼岳方面への縦走ルートは変化に富んだ地形&絶景!

tb15_jyu.jpg
白灰色の岩々やハイマツの原、石灰岩の砂利の平原など…

tb15_jyu2.jpg
富山側は一面の山

tb003.jpg
下山中の斜面には、かなり雪渓が残っている

tb010.jpg
雪渓と高山植物

tb15_bento.jpg
燕山荘謹製の弁当!
コンパクトだがみっしり、角煮入りおにぎり/炊き込みご飯おにぎり、餅米!
シウマイ×2! 梅干し!
すごくおいしい

tb15_higasw.jpg
東沢ルート、ここから急降下ルート

tb009.jpg

tb15_touboku.jpg
けっこう激しい倒木/登山道をふさいでいる場所多数

tb15_nagare.jpg
増水している感じはないが、流れは強い

tb15_nekko.jpg

tb15_sida.jpg

tb15_kinoko.jpg
東沢ルートは沢沿いの原生林で湿気が多く
シダやキノコ、コケが多い

tb15_saru.jpg
中房温泉近くの森には猿の親子多数(ヒューとかフォーとか鳴いてる)

tb15_nakabusa.jpg
中房温泉着/水旨い!

tb15_gezan.jpg
無事下山!
登山口真横(この写真左上)の立寄り露天風呂ですぐにひとっ風呂浴びれるのも魅力!
生ビールもアリ!
登山口からすこし下ったところにある有明荘には地ビールも置いてます
登山口〜JR穂高駅を結ぶ定期運行バスもあります
アクセスは至れり尽くせり!


※北アルプスの玄関口とも入門コースとも言われる
燕岳・中房温泉コースですが
まぁそこそこの体力は必要です
しかし、地元では小中学生も登る(5〜60代の方も多くいらした)ので
要は登坂が大丈夫かどうかだと思います
メジャーなルートですので、「燕岳」で調べれば、色々出て来ますので
調べて、興味がわいて来たら登ってみるのはいかがでしょう
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する

haru15_5.jpg

haru15_6.jpg

haru15_1.jpg

haru15_3.jpg

haru12_2.jpg

haru15_4.jpg
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
日常
先月〜昨日まで工作の本の仕事をしておりました
厳密にはまだ終わっておりませんが、実物を作り、撮影するというメインの行程は終了し
ひと山越えた、という気持ちです


そんな、ひと仕事終えた!というような・ホッとしているような書き出しから
一転して、大ネタを記しておきます

キツめの進行の中、今月に入ってからはほぼ起きている時間は工作かその他の仕事
撮影数日前は仕上げと準備とで睡眠時間が数時間単位で減り、前日はほぼ徹夜
そして無事撮影が都内で終了しました
(こちらも、先方は2〜3時間で終わるみたいな軽い見積もりのようだったのですが
当方は「これは私の持ち分だけでも5時間はかかるな…」と踏んでいたのです
したら、みごと当方の拘束だけでも10時間超えになりました、楽しかったのが救いです)

雨降る中、へろへろになって21時半に帰宅すると、真っ暗の家が迎えてくれます
雨戸を閉めようとすると、極度の違和感が。暗がりの中、部屋が妙に立体的に見える
庭に面した窓が全開です
まさか、窓全開で出かけた…??
混乱した記憶の中、窓を閉めようとすると、鍵の部分だけ小さく割れている
あー…空き巣だ…
まだ中に居るかもと思い、傘を武器になるべく足跡をつけないように家に入り電気を付けると
絵に描いたように引き出しが抜かれ書類などが散乱している
とにかく110番に電話、落ち着いているようで、微妙に焦っているのが自分でわかる…

そして現場検証や書類作成やなんやかやあって警察帰ったのが日を跨いで0時半
とりあえず足もとを整理してざわつく心をなだめようとビール明けて
寝たのが2時過ぎ…

翌日は急な仕事はとりあえずないので(あるけど)、ほぼ終日掃除に明け暮れました


めんどくさいので以上です!
(仕事と掃除をします)

皆様、家を1日空けるときは、雨戸を閉め(←あれば)
サッシには補助錠を付けましょう!

警察には監視カメラを勧められましたが、予算やら、ねぇ?

固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
モテ期
(題名)なんて言葉がはやったりした事もありましたが
そういったアレにはあまり縁がなく過ごして参りました

…が、本年入ってから、過去に仕事でご一緒した方から
「こういった企画があるのですが、いかがですか?」
と、お声がけしていただく事が複数あり
なんやかやと話を聞きに行ったり、やり取りをしている間に
現状5つの仕事を同時進行している状況になってしまいました
内容も、デザイン/工作/アニメーション
対象年齢も幼児から後期高齢者と ほんとうに広範に及んでおるのです

しかし、午前中にパート的な事をしていると、もう肉体的にえらいことになってしまっていたので
→うたた寝でなく、机の上で、抗う瞬間すら無く気を失う感じに寝てしまう
 疲労感で脳がまるで働かない
 ついつい甘いものを多く食べてしまう/しかし体重は減る一方…など
副業をやめ、とにかくいただいた良い縁を大事にしていこう、と
春に向けていろいろ環境や動きを改革している状況です

いい春を迎えたいです…
とか言ってたら、まだ2月なのに、だいぶ暖かくなって来ました
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
<< September 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
TAGS
ARCHIVES
SEARCH THIS SITE.
OTHERS
ADMIN