2015年の山!
なんつーか!
すっかり放置のHP、でも仕事は結構してるし
毎日なにかしら起こっているのです(今日は空調と電子レンジが立て続けに壊れた)


先日、山に行って来たのです。2013年7月ぶりなので実に丸2年ぶり!
そして2年ぶりの北アルプス・燕岳(つばくろだけ)です
先月頭に、飯能にハイキング程度で行ってはいるのですが
やっぱ違いました

と、申しますのも、昨年末足の甲を骨折した事はちょろっと申しましたが
その後は運動らしい運動はしていなかったのですよ
(コンサートで5時間ぴょんぴょんしてたくらい)
ばっちり両足パンパンマンでした…
2013年には1日で踏破+チャリで松本〜登山口走破までしたのに
今回はだいぶ怪しい感じに…なまりまくってる

しかし、こんな自分の低調とは真逆に、二日間の天候は最高で
・2週間に1度、たまに見える程度と言われる富士山がほぼ見えっぱなし
・ちょいちょい薄曇りになるので、そう灼熱にはならない
・雲がかかっても上空の気流が速いので、かかりっぱなしにならない
・夕焼けも、厚めの雲のためカラフルではないものの壮大で良い!
・夜間は雲が完全に切れ、満点の星空/北斗七星がやたら大きく見える
・ご来光バッチリ
・ブロッケン現象まで見える!
というてんこもり!

山初心者の友人を2名連れて行ったのですが
日頃あまり出歩かない方がちょっとバテるも完遂でき、結果としては大満足だったようなので
ほんとうに良かったです

しかし2年前と比べると、見えてなかった景色がとても良く見えて
前もダイナミックだとは思ってたけど、その数倍ダイナミックだったんだ…!
と感心しきりです

下りは2年前同様東沢ルートを選択したのですが
そこそこ荒れていた2年前よりも、台風の影響でさらに荒れていて
そこら中の斜面が崩れており、倒木だらけ
道なき道もアリ、これ、来年当たりしばらく封鎖になるんじゃないの?てほど。
山小屋でも、初心者の方はルート選択を止められるそうです

では、写真付きで行程をざっと追ってみます

tb15_01.jpg
登山道から1時間くらい 松本方面を見下ろす

tb15_turu.jpg
槍ヶ岳〜!

tb15_adumi.jpg
安曇野〜!

tb15_hana.jpg
高山植物〜!
花はちょうどシーズンの隙間だったようで、キスゲは終わった後
コバイケイソウやチングルマ、シャクナゲは終わりかけ
アオノツガザクラはこれから、という感じでした

tb15_sanso.jpg
燕山荘、見ゆ!

tb15_bear.jpg
燕山荘では、生ビールが飲めるんやで…!

tb15_1.jpg
燕山荘からみる燕岳山頂

tb004.jpg
北アルプス/剣岳方面

tb15_koma.jpg
コマクサ〜
東北(岩手山)のものに比べると、けっこう大振り

tb002.jpg
コマクサの群生
燕山荘付近に、かなりたくさん、点在してる

tb014.jpg

tb007.jpg

tb008.jpg
燕岳の黄昏

tb011.jpg
安曇野はさんで群馬方面に巨大積乱雲

tb012.jpg
暮れてゆく北アルプス

tb15_sansokure.jpg
燕山荘の日の入り

夜は写真撮ってません、20時には寝ました
20時半頃、トイレに起きると満点の夜空
私のカメラでは撮れませんでした

tb15_yoake.jpg
明けて来る空(4時頃)

tb013.jpg
燕山荘からの朝日(4時40分頃)

tb15_you.jpg
V8!!(みんなマッドマックス観た)

tb15_bro.jpg
ブロッケン!

tb15_heri.jpg
補給ヘリがちゃきちゃきと何往復もする
下の方には富士山も見えます

tb15_iwa.jpg
燕岳山頂から餓鬼岳方面への縦走ルートは変化に富んだ地形&絶景!

tb15_jyu.jpg
白灰色の岩々やハイマツの原、石灰岩の砂利の平原など…

tb15_jyu2.jpg
富山側は一面の山

tb003.jpg
下山中の斜面には、かなり雪渓が残っている

tb010.jpg
雪渓と高山植物

tb15_bento.jpg
燕山荘謹製の弁当!
コンパクトだがみっしり、角煮入りおにぎり/炊き込みご飯おにぎり、餅米!
シウマイ×2! 梅干し!
すごくおいしい

tb15_higasw.jpg
東沢ルート、ここから急降下ルート

tb009.jpg

tb15_touboku.jpg
けっこう激しい倒木/登山道をふさいでいる場所多数

tb15_nagare.jpg
増水している感じはないが、流れは強い

tb15_nekko.jpg

tb15_sida.jpg

tb15_kinoko.jpg
東沢ルートは沢沿いの原生林で湿気が多く
シダやキノコ、コケが多い

tb15_saru.jpg
中房温泉近くの森には猿の親子多数(ヒューとかフォーとか鳴いてる)

tb15_nakabusa.jpg
中房温泉着/水旨い!

tb15_gezan.jpg
無事下山!
登山口真横(この写真左上)の立寄り露天風呂ですぐにひとっ風呂浴びれるのも魅力!
生ビールもアリ!
登山口からすこし下ったところにある有明荘には地ビールも置いてます
登山口〜JR穂高駅を結ぶ定期運行バスもあります
アクセスは至れり尽くせり!


※北アルプスの玄関口とも入門コースとも言われる
燕岳・中房温泉コースですが
まぁそこそこの体力は必要です
しかし、地元では小中学生も登る(5〜60代の方も多くいらした)ので
要は登坂が大丈夫かどうかだと思います
メジャーなルートですので、「燕岳」で調べれば、色々出て来ますので
調べて、興味がわいて来たら登ってみるのはいかがでしょう
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する

haru15_5.jpg

haru15_6.jpg

haru15_1.jpg

haru15_3.jpg

haru12_2.jpg

haru15_4.jpg
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
日常
先月〜昨日まで工作の本の仕事をしておりました
厳密にはまだ終わっておりませんが、実物を作り、撮影するというメインの行程は終了し
ひと山越えた、という気持ちです


そんな、ひと仕事終えた!というような・ホッとしているような書き出しから
一転して、大ネタを記しておきます

キツめの進行の中、今月に入ってからはほぼ起きている時間は工作かその他の仕事
撮影数日前は仕上げと準備とで睡眠時間が数時間単位で減り、前日はほぼ徹夜
そして無事撮影が都内で終了しました
(こちらも、先方は2〜3時間で終わるみたいな軽い見積もりのようだったのですが
当方は「これは私の持ち分だけでも5時間はかかるな…」と踏んでいたのです
したら、みごと当方の拘束だけでも10時間超えになりました、楽しかったのが救いです)

雨降る中、へろへろになって21時半に帰宅すると、真っ暗の家が迎えてくれます
雨戸を閉めようとすると、極度の違和感が。暗がりの中、部屋が妙に立体的に見える
庭に面した窓が全開です
まさか、窓全開で出かけた…??
混乱した記憶の中、窓を閉めようとすると、鍵の部分だけ小さく割れている
あー…空き巣だ…
まだ中に居るかもと思い、傘を武器になるべく足跡をつけないように家に入り電気を付けると
絵に描いたように引き出しが抜かれ書類などが散乱している
とにかく110番に電話、落ち着いているようで、微妙に焦っているのが自分でわかる…

そして現場検証や書類作成やなんやかやあって警察帰ったのが日を跨いで0時半
とりあえず足もとを整理してざわつく心をなだめようとビール明けて
寝たのが2時過ぎ…

翌日は急な仕事はとりあえずないので(あるけど)、ほぼ終日掃除に明け暮れました


めんどくさいので以上です!
(仕事と掃除をします)

皆様、家を1日空けるときは、雨戸を閉め(←あれば)
サッシには補助錠を付けましょう!

警察には監視カメラを勧められましたが、予算やら、ねぇ?

固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
モテ期
(題名)なんて言葉がはやったりした事もありましたが
そういったアレにはあまり縁がなく過ごして参りました

…が、本年入ってから、過去に仕事でご一緒した方から
「こういった企画があるのですが、いかがですか?」
と、お声がけしていただく事が複数あり
なんやかやと話を聞きに行ったり、やり取りをしている間に
現状5つの仕事を同時進行している状況になってしまいました
内容も、デザイン/工作/アニメーション
対象年齢も幼児から後期高齢者と ほんとうに広範に及んでおるのです

しかし、午前中にパート的な事をしていると、もう肉体的にえらいことになってしまっていたので
→うたた寝でなく、机の上で、抗う瞬間すら無く気を失う感じに寝てしまう
 疲労感で脳がまるで働かない
 ついつい甘いものを多く食べてしまう/しかし体重は減る一方…など
副業をやめ、とにかくいただいた良い縁を大事にしていこう、と
春に向けていろいろ環境や動きを改革している状況です

いい春を迎えたいです…
とか言ってたら、まだ2月なのに、だいぶ暖かくなって来ました
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
心機一転のつもり
今月から、スマートノート的なことをやってみている
とりあえず4日経ったので、3日坊主ではないな

スマートノートとは、現在色恋(というよりももちょっと下世話な)沙汰で時の人な
岡田某氏の提唱してる、5つの「やったこと」を箇条書きにしてコメントつけて…
みたいなヤツ
もともとこういうことを、適当なノートで「ネタ帳」としてやっていたのですが
もちろん適当にやっていたので、支離滅裂な上、書いた日もわからない
そんな折、知人が「スマートノートをネタ帳として自己流にやってる」ということを聞きつけ
やってみようと思った次第です

しかし、平々凡々と生きていると、5つの「やったこと」が、地味な上、同じ事の繰り返しだったりで
なんとも物悲しくなって来る

まぁ、しばらくはやってみようと思います

それにしても岡田氏。
名前どう書くのかググってみたら、やはり例の記事が上の方に来てるわけで
あー、なんかしょうがないな…て感じです
ドラマ「アオイホノオ」は面白かったのにー アレは特に関係ないか

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

スクーター(Vespaの125cc、21世紀モデル初期型)が、そろそろ10年
整備はしているつもりでも、エンジン以外の部分〜
スタンド、ケーブル類、シートのカギ、ライトのレンズなんかに次々とガタがきて
なにかと物入り…
ついには、点火系もしくはモーターがおかしくなったのか、バッテリーを萬充電にしても新品に取り替えても
一発でエンジンがかからなくなってしまった
そしてこのVespaのキックスターターが、デザイン重視のため
重くて踏むと痛くて、冬場なんかキツくてたまんない!
身体はあったまるけど。
そろそろなんとかしなくちゃいけないかもなー
でも、パソコンからも異音がしたり、挙動が変だったり
モニタもいいかげん長い事使いすぎで色味がちょっと怪しかったりで

あぁ、物入りだ

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

先月末
「デヴィッド・ボウィ・イズ」をカズオさんと見に行った。
面白かった。ボウィさんの素晴らしさの再確認みたいな映像でした

昼の部だったので、終わったのが15時頃
せっかく新宿まで出て来ているので、我らの活動拠点だった高円寺に行こう!ということになり
明るいうちから高円寺の地ビール屋さんで呑みました

そして、懐かしの高円寺商店街をそぞろあるき、前から入ってみたかった銭湯に入り
ラーメン喰らって帰りました

高円寺充。

10年ほど前は、ほんと仕事から遊びからライブからバンド活動から
1日中いっしょにいることも珍しくなかったカズオさんと
久々に1日いっしょにダラダラと過ごしましたとさ

kouenji1501.jpg



おしまい。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします
2014_2015x.jpg
昨晩は父と飲みに行き
年が変わる直前に震度3くらいの地震!
紅白は中島みゆきさんと美輪明宏様が素晴らしかった(そこしか見てないけど)
今朝は近所のスーパー銭湯に早朝割で入るつもりだったのに寝坊
昼チョイ前に入浴
すると初雪!
スクーターのメットイン・シートが壊れ、開かなくなるも
ネットで構造を調べると、一般的な大工道具でコツさえ掴めば簡単に開く事を発見
今年も、キワキワになりつつも持ち前の機転で回避!という年になるのだきっと
(希望的観測)
しかし昨年は後半、仕事も健康も人間関係もかなり厳しい目に会い
いえ、大方は良いのですが、悪いものが際立って悪かったという…
今年はいい感じにまとまるといいなぁ


hatsuyuki2015.jpg
庭の松と梅がほんのり雪化粧です

あ、昨年はベイマックスを見ました
クリスマスイブに。独りで。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
2014年に観たり聴いたりしたやつ
ライブ
Negicco@綱島温泉 ☆☆☆☆
アイマス@SSA ☆☆☆☆☆
アイマス9th ☆☆☆☆☆
ジェントルフォレスト5@キンのツボ ☆☆☆☆
花澤香菜@川口 ☆☆☆
是巨人@ショーボート ☆☆☆☆☆
ビアンカ・ジズモンチ@コットンクラブ ☆☆☆☆☆
彼岸の此岸@渋谷クラッシック ☆☆☆☆☆
テラメロス@渋谷O-nest ☆☆☆☆☆
TTNG@渋谷O-nest ☆☆☆☆☆
ピエール・バルー@サラヴア東京 ☆☆☆☆☆

映画
アイマス ☆☆☆☆☆
RUSH ☆☆☆☆☆
キックアス2 ☆☆☆
ロボコップ ☆
アクト・オブ・キリング ☆☆☆☆☆
インターステラー ☆☆☆☆☆

なんか忘れてるのあるかも
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
年末2014!!
だいぶ書かなかったですけど
年も押し詰まって来た上、今ヒマなので書いておこうと思います

えー、今月頭に骨折しまして
左足なんですけど、この繁忙期に松葉杖生活です
いくつかやってる仕事のうち、肉体労働的なものはすべてキャンセル
多大な迷惑をかけております
ほんで、開き直っても、どこにも行けるわけでもなく
絵ばかり描いていました

あ、でもサラヴァ東京でのピエール・バルーさん(7日)だけは行きました!
痛み止め飲んで、松葉杖ついて、渋谷に突入ですよ
そして体験する、渋谷の優しく無さよ…
サラヴァ東京は、Bunkamuraのちょい先にあるのですが、遠い遠い!
エスカレーターもエレベーターも、良いところに無い
微妙な段差、斜めな歩道の多い事
ギプスをしていても、ちょっと斜めなところに足をつくと、しびれるような痛みが走るので
ほんとおっかなびっくり&杖にチカラを込めるので、もうヘトヘト

でも、ピエールさんのコンサートは最高でした!

ピアノ:阿部篤史/パーカッション:ヤヒロトモヒロ/ベース:吉野弘志
そしてサックス清水靖晃とまた豪華
朗読ゲストの佐野史郎氏も、いい雰囲気でした
(曲前に、歌詞の日本語訳を朗読する/歌と交互に朗読が入るなど、いい演出)

また。シンガーゲスト・サラヴァの秘蔵っ子の優河(ゆうが)さん  がまた良かったです
「愛は私たちより強く」「出逢いの星」
そして伝説的名曲「男と女」をデュエットしたのですが
前2曲は、1984年の大貫妙子さんとのデュエットを彷彿とさせました


pierre141207.jpg

そんな充実したライブですが
帰りの電車(満員)では席を譲られる事はありませんでした
行きは時間が良かったので、余裕で座れましたけど。
満員のライブ会場は、足もとが見えないのでしょうがないかと思いましたが
けっこうバシバシぶつかられて、っほんとにヒヤヒヤしました

こんな状態で遊びに出る自分に主な非があるんですけどね…


その後は特に外出する事もなく日々を過ごしています

でも食材の買い出しには出かけました
そこでも、けっこう困った思いをすることに
高齢者やベビーカーを操るご夫人が、けっこう周りを見ないでギリギリ前を横切ったり割り入って来たりするんですね
こういう方々は、自分があまり自由に動けない事を知っているから、相手の動きに敏感なのかな、と思ってただけに驚きでした
もちろん、全部が全部そういうひととは思いませんが、短い外出でちょいちょい行き当たるとガックリ来ます
こんな中で、とても気がつくのが客商売の方
道路を歩いていても、自家用車は止まらないけど、運送の車は必ず減速しますね
でもなんか申し訳ないので、信号渡るときはよっぽどの余裕をもって・点滅しそうになったら渡るそぶりを見せず、離れた位置で立ち止まるようにしてました

ほんと、自分は高齢者・赤ちゃん連れのひと・ケガ人には注意し、場合によってはしっかりサポートしよう!と
いいこと言って締めたいとかそういうんじゃなくて、実体験を元に強く思いました



そんな不自由話ですけど
実はギプスがとれた今でも、痛み止めを飲まないとけっこう辛い
寝る時は勝手に寝返りをうったりしちゃうので、たまに変な方向にひねって「ギャッ!」ってなる
杖無しでは10分と立ってられない なんて有様
案外長引きそうで、顔だけでも出そうと思っていた仕事関係の忘年会もこれはキャンセルかもな…
なんて思っています
ホント、年末にこれかよ…全て自分の不注意からなので、自己嫌悪に陥るばかりです

年末もあと2週間ほどあるので
ほんと気をつけようと思います…


(以降、備忘/ホネ折る前)
・映画「インターステラー」
事前情報をまるで入れないで見に行ったら正解だった
エンタメ好きな友人は大絶賛
科学者の友人は「ハリウッド版『妖星ゴラス』と思えば腑に落ちる」
といった両極端さ
でもどちらも理解できた
正直ダメな部分はホントダメだと思うけど
ロマンチストな私としましては、かなり素晴らしい作品と感じました
友人に勧めたら
「あ、必ず帰って来る系の、アレでしょ?」と言われ
あ、確かにその通りだな、と思いました
そしてその情報があったら、私は見に行かなかったと思います
interobo_s.jpg


・「トーベヤンソン展」@横浜そごう
とてもいい展示だった!
生原稿の小ささ、初期の筆致の奔放さは、見ておいて良かったと思った
だんだん筆致はこなれて来て、美しくも勢いのあるものになってゆく
色に関しては退色もあろうけど、けっこう大胆に赤とかを配していて、参考になった
原稿の修正も、まるで違う紙を貼付けていたり(印刷ではわからない)
けっこう大胆なんだな、と思った
祖父江慎氏による装丁の図録は、ほんとうに良いものだった


・COMITIA-X@ビッグサイト(11/23)
久々のX、友人ら5人で2ブース借りて、ワイワイやって来ました
comx4_1.jpg
例の家の絵本を増刷して(楽しいが、すげぇ大変だった)挑むも、ビックリするくらい売れず。
他の4名はそれぞれいい感じに売れていた
私は主にucoさん(主婦)のお供の小4男子と3歳女子とタタミの上で遊んでいた
後にいっしょに出ていたNくんに
「遊んでるのも楽しそうでいいけど、売りたいならもっと積極的に売らないと」
って言われて、ほんとうにもっともだ、と反省

後の打ち上げ@タベルナ・ユキでは
多数参加者で、とても有意義なお話ができた
comx4_yuki.jpg

そろそろ新作について積極的に考えよう
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
<< March 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
TAGS
ARCHIVES
SEARCH THIS SITE.
OTHERS
ADMIN