タモさん
10/1から、一部で伝説となったNHKの
『ブラタモリ』
が、レギュラーで始まります!
そのまえにパイロット版ともいえる昨年末第一回放送が9/24に再放送されます
いやー、楽しみだなぁ
タモさんが、下ネタを自制しつつほんのりと織り交ぜてくる様が、今からワクワクです。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
夏の外出
 お盆に、自転車持って京都・祇園に行って「熊野観心十界図(地獄絵図)・絵解き」 を拝聴して来たのですが…
 長々書いてた文章が保存失敗して消えてしまったので、簡素に済ませます…

 良かったです。

 …これだとあんまりなので、がんばってもうちょっと書きます。

 「熊野観心十界図」の絵解きは、8/9に地元密着型の西福寺という小さなお寺で行われたのですが、老若男女100名ほどがこの座敷にすし詰めで、あいにくの雨の中、蒸し暑くてさながら地獄絵図!でしたが、クラリネットとアコースティックギターの生BGM/効果音などもあり、あっという間の2時間でした。
 途中、普通にお参りにくる地元の方々や、近所の派出所のおまわりさんも様子を見に来たりで、寅さんの映画のような、和やかな雰囲気でした。
 
ky04.jpg

 少し解説すると、この地獄絵図「熊野観心十界図」は、それほど歴史が古い物ではなく、戦国時代中頃に描かれたようです。
 戦乱の当時、あまりに多くの人々が亡くなるので、精神の平穏を旨にこの地獄絵図をもとに各地で絵解きが行われたようです
 そしてこの西福寺でも先代の住職様がご存命な頃まで、絵解きが行われていたようですが、ここ数年は中断されていたようです。そんなおり、地獄絵図研究の関西学院大学の西山克教授が4年前から引き継いだのだそうです。
 多分に学術的(マニアック)な現代版絵解きですが、とても興味深く聞く事ができました。


 さてその前後に持って行った自転車で京都市内を巡りに巡りました、雨の中…
ky00.jpg

ky08.jpg

torii.jpg

 京都市内は実に自転車で走りいいですね!京都駅から西に向かって桂川付近から金閣寺〜下鴨神社〜銀閣寺〜などをぐるぐる回ったり、観光じゃ行かないような路地を探索したりしました

 秋口など、過ごしやすいときに再チャレンジしたいです
ky23.jpg

 そんなかんじです。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
夏の終わりの大団円
18日、アタクシのシス☆アン在籍最終GIGが迫っております
シス☆アンとは、sisterunderstandに、流行る深夜アニメの法則を当てはめた物ですが
流行る前に第一期が終了しました!ワォ!
来てくださる方はご一報ください。思いっきり平日ですが、時間遅いんで。

高円寺20000V
(高円寺PAL商店街アーケードの31アイス真向かい、31は現在雪だるまフェア実施中!)

最後のライブが、見事〆切とバッティングしたので、現在アタフタ中で、当日はきっといい感じのテンションで挑めると思います
ただちょっと怖いのが、出番がトリの21時過ぎ(21時半とか?)だもんで、お酒を飲んでしまうのではないか?お酒に溺れてしまうのではないだろうか?というところです。

で、題名は10年以上前のプリンス東京ドーム公演のときのアオリ文句ですが
なんとなく思い出したので使ってみました。


rei.jpg
よろしくお願いします。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
2009の夏summer


natsu1.jpg

natsu2.jpg

natsu3.jpg

natsu4.jpg
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
高円寺純情 2

kouenji_cat.jpg

tougan.jpg

kouenji_st.jpg
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
宇宙と虹

rb1.jpg

rb2.jpg

rb3.jpg


先日(19日)の虹が凄かったですね、都内。ここは品川なんですけど。
なんか川崎の西の方からも見えたそうです。
虹はもう何本も見てますが、こんだけ濃くて光量があってしかも2重、ってのは初めてです
なんか音がするような気さえもしました。

空関係の神秘的なものと言えば、けっこう見てるんですが
北海道中標津の四角い太陽、岩手山山頂でブロッケン現象、秋田駒ヶ岳で2重の太陽…とか
明日は宇宙規模の神秘ですね、皆既日食て。


br.jpg
ブロッケン。 
若干見にくいですが、中央下に手を横に広げてる人影が見えるかと

doublesun.jpg
2重太陽。
幻日(げんじつ)という、横方向に太陽が並ぶ現象はあるようですが
これ、なんなんでしょうね??
新発見?


 皆既日食では何が起きるでしょうか。
 仕事がいっぱいいっぱいで、部屋で悶々としてるあいだに、世界では大盛り上がりです、なんか真っ昼間に星座が見えるとか、すげぇなぁ。
 その瞬間、地球にこっそりまぎれてる宇宙人の正体とか見えたりしませんかね?水が日本酒に変わるとか。

 科学的な話題を振っておいて、まるで科学的でない〆で終わります。
 アデュー!

 あ、科学的でないついでに、我らが(我が)バンド「sisterunderstand」、7/24に高円寺20000Vでやりますー
 こないだ(7/15)、秋葉原GOOD MANいうハコでやったんですが(初の高円寺以外)、なんかむやみに褒められて調子に乗っていますので、よろしくー 
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
美のもえいずるところ
 先週まで、日経新聞で山口 晃氏による「美のよりしろ」って連載があったのだが、それが実に素晴らしかった

 人の作り出した物に意図せず現れる「美」を己の感性から見いだし、若干偏愛的感情をたぎらせるちょっとおかしな記事だったのだけど、ラインナップがすばらしい。
1回目が家庭用ビデオカメラのテープ出し入れ時にむき出しになるメカ部分
2回目、3回目で東京モノレールと桂離宮に共通する美点
6回目で電柱の上部に冠する碍子への想いのたけをつづり
8回目に紅白に塗られた鉄塔に心は飛鳥時代へタイムスリップ
9回目は松本零士の特異な画面構成と独特な歪みの人物画を熱っぽく語る(引用する図版は「ダンガードA」)

このひと、遠からずタモリ倶楽部呼ばれるよ
あー、絵も達者で博学でユーモアのセンスもある、嫁もいる、タモリ倶楽部にも呼ばれそう、このひと同い年なんだ…
心的ダメージを受けたので、今日は早く寝ます。

では若干地味にワタクシ板「よりしろ」を、手持ちの画像から少々。

iwategaras.jpg
・昔の板ガラス
 平坦にする技術が無かった頃の、水たまりの表面と言うか、寒天のような板ガラス。これを介した風景が、優雅に歪むのが実に良い。晴れていても雨の日のようなその風情は、幻想的ですらある。たまに気泡が入っているのも水を連想させて良い
 ※写真は岩手の廃小学校

niigatatettou.jpg
・下から見上げる鉄塔
 外側から見るのとはまるで異なる表情を見せる。より高く見えるような気さえする。空に繋がる橋のよう。
 ※写真は新潟の田んぼのど真ん中に立つ鉄塔。柵すらない

ogikubokaidan.jpg
・回転する階段
 中央に吹き抜けのあるタイプの階段。見上げてもよし、見下ろしてもよし、永久機関を思わせる螺旋がなんとも好ましい。若干渦が大きいのが好みだが、大きすぎても鼻に付く
 この荻窪住宅の五角形の階段はかなりベスト・渦巻き階段。会津さざえ堂のよう(←行ったことないけど)


 しかしNHK新日曜美術館は辛気くさくなったなぁ〜、正直つまらん。いくらいい美術を紹介していても、あの灰色っぽさでいろいろダメにしているように思います、どうですか?もっと遅い時間ならあれでもいいとは思いますが…
 あぁ、どうしようもないくらいはなちゃん復活希望です。なんとかなりませんか。

 長くなったので、以上でーす



固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
高円寺純情

kouencat.jpg

kouenjikoujin.jpg

kouenjimachi.jpg

kouennjiwaseda.jpg

固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
<< June 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
TAGS
ARCHIVES
SEARCH THIS SITE.
OTHERS
ADMIN