ほんとうに映画の日だった
先日(4/1)、映画の日ということで
なんとなく映画館から脚が遠のいていたのから脱却
『イリュージョニスト』
を観て参りました

なんつーか、言うことありません!
「ベルヴィル・ランデヴー」のショメ監督による、劇場用新作長編アニメーションです
とても良かった
偶然1日の日経の映画コラムで1番大きく扱っていたのが本作でしたが
あれはダメなレビューの見本みたいでした。
日経とっている方は読まないか、読んだことを忘れて見に行くのが良いと思います

オイラはこの作品のブルーレイが欲しいよ
デッキ持ってないから、このために買うよ
ただぼんやりと再生して、ぼんやりと見ていたいよ

そんな映画でした。


あと、案外早く終わったのと、連絡が良かったため
コーエン兄弟監督の『トゥルー・グリット』も観てしまいました
2本観ても2000円!なんてステキな映画の日!
こちらはジェフ・ブリッジスファン狂喜!な映画でした
経験と強い意思により裏打ちされた行動力と判断力がステキすぎ
頼りになる、ってのはこう言うことなんだ!
お下げのガールもとても良かったです。

あ、そういえばジェフ・ブリッジス大好きなのに、「トロン・ザ・レガシー」を観忘れてました
「トロン」も大好きなのに。
ボクのBGVとして最高と思える映画の3本は「2001年宇宙の旅」「地獄の黙示録」「トロン」です。
ただ流れてるだけでいいです。
もちろん、映画としても大好きです。
つまり、ストレートに言うと「好きな映画」てことですね
我ながらめんどくさいやつだなあ

boke.jpg

さて、梅が終わり、ボケが咲き誇っております
しっかりと春は来ているんです
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
<<桜2011 | 海の春はじめ >>
<< February 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
TAGS
ARCHIVES
SEARCH THIS SITE.
OTHERS
ADMIN