新春2012富士山リベンジ
さて恒例の新春日帰り
今年で3年目となりました
3日、また<ひとりで>行って参りました
fuji120103.jpg
あれ、デジャヴュ?
2010年にもおなじことしてんじゃん!て?
いいえ、違います
ルートとかほぼいっしょですけども。
ちょっと違うのは前回沼津までたどり着けなかったのを反省して
10kmほど富士山寄りの「富士山駅」からスタートして、沼津着を果たす、というところです
(服装までほぼ同じですが、冬場のチャリ漕ぎに最高のコーデネートなんです!)

今回は富士急行のホリデー快速というのを利用してみました
これがよい!
早い、安い、らくちんの3拍子そろってます
本数は少ないですが、あんがい使い勝手のいい時間帯に走ってるので利用しやすいです
オススメー!
120103_6.jpg
上から「富士山駅」「ホリデー快速河口湖」「富士山特急」です
かなりファンシーです。

120103_0.jpg
さて、肝心な富士山は、絶好の天候によりそのお姿はバッチリ
午前中は東側の斜面に積もる雪に陽光が反射してキラキラ輝くのを見ながらの快走でした

ちょっとウソです、前半20kmはゆるゆるながらもずっと登りなので
気温は日陰で2℃とかでしたが、じっとりと汗ばむ感じでした

そして例のごとくセルフタイマー大会
fuji120103_4.jpg
結局2010年の時の場所が西側だと絶好のポイントなようでした
ここでしばらくぴょんぴょんやっとりました(やはりここで腰を軽くピシッとやってしまう)
2010は雲一つなく、毎年正月に富士山をとりにきているおっちゃんらが
「雲がないとおもしろくないんだよー」なんて言ってましたが
今年はいろいろなかたちの雲が、富士山にかかるかかからないかぐらいのところにたえずあって
なるほど、たしかにこれもおもしろいなー、と思いました

120103_5.jpg
月が見えたりとてもいい感じ(左上にちいさく…)
このときは、太陽がシマシマの雲にかるく遮蔽されていて、富士山に縞模様の影が落ちています

120103_1.jpg
一昨年は途中で夕焼けの染まる富士山を見るべく、17時頃まで山の麓にいたのですが
そうすると沼津につく頃は真っ暗になると思ったので、今回は16時前に下りました
夕焼けの海岸沿いを走ろうかと…

120103_2.jpg
富士市内で富士山は淡いピンク色に…

しかし途中で若干迷ってしまい、そうこうしてるうちにあたりは真っ暗に
結局駿河湾についたときは真っ暗、しかも海岸線沿いのサイクリングコースは街灯一つなく
ホントに真っ暗で、景観どころではありませんことでしたよ

120103_4.jpg
まー一応海で記念撮影。
夕暮れから少しモヤがかかりはじめて、遠くに静岡市街の明かりがチラホラ
伊豆半島の明かりがチラホラ見える程度で、あとは真っ暗闇の中
波の打ち寄せる音だけが低く響いておりました
海水温かかった。
2010は、これが富士市市街で真っ暗になった上、もう完全に膝が抜けちゃったのでした
んで、富士駅で電車に乗り込んだという流れ…
そう考えると、今回はほぼ同じルートを2時間くらい繰り上げられた感じになるのかしらん
どちらにせよ、時間かかりすぎだけど。
(ロード乗ってる人にこのルートを話したら、「それだけ時間あったら富士山1周できるね」と言われた)

そして沼津についた頃はだいたい20時頃
駅前でラーメンをすすり、早々に東海道線に乗り込みました
横浜までの帰りは割とすいていて(空席がチラホラあるくらい)
気がつくとぐっすり寝てしまい、あっという間に帰り着いた気分になりました

自転車での全走行距離80km強、「沼津にたどり着いた」ということでリベンジは果たせたものの
やはり50kmを超えるツーリングを年間3〜4回しかしていない脚にとってはキツいもので
帰りの家までの6km程は、もう膝に力が入らないし、尻はこすれて痛いしで散々でした

そんなわけで、今年は膝/尻強化のタメにも(もちろん運動不足解消のためにも)
べつにツーリングでなくとも月に1度は50kmくらい走ろうと思いました

そんなかんじでーす
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
<<TOSHI相応 | 新年のごあいさつ >>
<< April 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
TAGS
ARCHIVES
SEARCH THIS SITE.
OTHERS
ADMIN