九里より長いは
先日、オイラにしては超☆過密なスケジュルルの合間をくぐり抜けて
「久里洋二漫画展~太陽はどこに行くの?~
へ行ってきました。
久里氏のマンガ・アニメーションは、幼少の折からなにかと目にしていて存じ上げていたのですが
特別追っていた訳でもないのに、なぜそんな危険?を冒してまで最終日25分前に駆け込んだかというと
氏ご本人がツイッターで激推し!しておったからです

そして、行って良かったです。
小さいながらも余裕のあるギャラリーに、壁には100点を超える1コママンガ(うち半数が下ネタ)
奥にはプロジェクターで昨年完成した新作短編アニメーション(5分)の上映スペース
アニメーションは音楽:小山田圭吾/ボーカル:オノヨーコ。
最終日の最後だけあって、久里氏ご本人がいらっしゃって、たびたび「アニメーション見る?やるよ!」と絶えず10名前後いたお客さんに向かって尋ね、結果在廊中3回観ることができました
あの、とっても見せたい感じ。実に良かったです。気に入ってるんだろうなぁ。そういう作品が作れる、ということはとても良い

オイラにとっての絵画やアニメーションの「良い作品」というのは、自分で描きたくなるものです。
これは、とってもよい作品でした。
なんかじりじりと、静かに興奮してくる。

そしてご本人様は、とてもギラギラとした精力的な雰囲気を醸し出している方で、まぁ、はっきりいうとスケベじいさんという感じです。
でも、なんだかそれが妙にカッコイイ。
久里氏がツイッターを積極的にやっている、という事からの会場にきていた女の子との会話
女の子「私、ツイッターやってないんですよ〜、なんだかわからなくて〜」
久里氏「ツイッターやれよ!かんたんだぞ。ツイッター。おもしろいぞ!」

オイラもそんな感じのジジイ☆ライフを迎えられたら…なんて思いました。

前回に続き、今はじさまが熱い!のかもしれん。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
<<切り替え良すぎ | 縁あって喜びの舞 >>
<< April 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
TAGS
ARCHIVES
SEARCH THIS SITE.
OTHERS
ADMIN