愛媛松山〜しまなみの旅
 こんにちは。最近精力的に更新しています。反応がなかろうとも!

 今月頭に、仕事で愛媛は松山に行く用事がありました。
 四国初上陸です
matsu1.jpg
なんとなく国会議事堂ににてる愛媛県庁舎と路面電車


 松山、いいですね。なんかほんわかしてるし、山手線ばりに走ってる路面電車がすばらしい
matsu3.jpg
夜の路面電車もすばらしい
matsu2.jpg
街は「坂の上の雲」で盛りだくさんでした


 せっかくなので、帰る日にちを遅らせて、しまなみ海道を走ってきましたよ
 松山からJRで北上して、今治からレンタルサイクルで走ってきました
 1日目は大三島大山祇神社の近くに宿泊
この大山祇神社(おおやまずみじんじゃ)がすばらしい!
ooyamazumi1.jpg
大山祇神社神門

 敷地内にある大楠も良いし、建物も良いし、なんといっても宝物殿の所蔵品がスゴイ!
 瀬戸内海にぽかりと浮かぶちいさな島に、国宝・重文がどっさり!
 しかもあるものが弁慶の長刀とか義経の刀とか鎧とか、歴史を飛び越えて、なんだかファンタジーです
 全長180センチの刃とかすごかったなぁ
 で、オイラが一番気に入ったのは、江戸期の狛犬さんです。愛嬌があってよろしかった。
ooyamazumi2.jpg
拝殿側から神門越しの大楠をのぞむ

 大楠は、とても立派で、そばにいるだけでなんとなく落ち着いてきます
kusu1_01.jpg
「天然記念物 小千命(おちのみこと)御手植の大楠」とあります
kusu1_02.jpg
大楠から神門をのぞむ
kusu2_01.jpg
もういっぽんの朽ち果て気味な楠


 現在は、山門は修繕中で残念ながらシートに覆われていましたが、それも珍しいかな、と。
ooyamazumi3.jpg
シートの隙間から、真新しい木の肌がのぞきます
koma3.jpg
普段は山門にいらっしゃるであろう狛犬さんたちが、脇に並んでおりました!
これはレア!なんで、恐れ多くも間に入り記念写真
なんかだらしないハラをしているようですが、着膨れしてるんです
寒かったんだよ!早朝だし


 大山祇神社の参道をずっと下ると港に通じており、海に向けておおきな鳥居がたっているのですが、これがなんだか諸星大二郎先生の「海竜祭の夜」を想起させて、ワクワク。
 宝物殿はガムテープで修繕してあるような、じつにおんぼろ味のあるたたずまいなのですが、そこに国宝級の宝を納めておかねばならないなにかしらの理由がありそうで、そこもドキドキです。
 そういえば、こちらを訪れた時はあいにくの天候だったのですが、発つ際の朝、雲の切れ間からの光線がこの神社のみをめがけて降り注いだ瞬間があったのです。
 実に神々しかった…

 そしてチャリをこぎ、北上コースを続けます。
 多々羅大橋を越えると、そこは広島県です
hiroshima.jpg
そういえば広島も初上陸
通過したことはすっげー昔にあるけども
でも広島本土(?)にはまだです
shima01.jpg
海風に腐食するガードレール
借りたママチャリが重くて難儀しました
shima02.jpg
みかん畑(レモンだったかも)をつっきる激坂
ブレーキ効かなかったらそのまま海にダイブです



 長くなったので、後編に続けます
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
<<おしらせ | EXHIBITION更新 >>
<< February 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
TAGS
ARCHIVES
SEARCH THIS SITE.
OTHERS
ADMIN