彼岸から此岸へ
18日、「彼岸の此岸」(ひがんのしがん)
吉野弘志bass, 太田恵資violin, 鬼怒無月guitar, 吉見征樹tabla @横浜ドルフィー
を拝聴

吉野氏のリーダーバンド
モダンジャズのスタイルにトルコやインドなどの雰囲気と要素
そしてなんとも実験的・意欲的試み(音響派のような意匠が盛り込まれる)

とてもいい音楽隊

しばらく拝見していなかったが、太田氏がつい先頃、心肺停止という
まさに「彼岸」への旅立ちから、生還したのだそう
うへぇ

太田さんの話をしておいて、吉見さんの素敵動画を紹介します


「半分の月」で鬼怒さんが延々と「D」の音を出している事について
終演後、作曲者の吉野さんに
あれは「D」形を半分の月に見立ててのことなのですか?
と尋ねると
ハッ!としたような顔をしたのち
「ちがいます! でも面白い新説ですね!」
と笑って下さった
当方の考え過ぎなだけだったのですけど、次回そんな話をMCでして下さると嬉しいなー
あまりおやりにならないのだけれど

ちょっと調べてみたら、前回は2011年10月18日の横浜ジャズプロムナードの一環でのフリーコンサートだった
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
<<入港 | パラノーマン >>
<< February 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
TAGS
ARCHIVES
SEARCH THIS SITE.
OTHERS
ADMIN