Egberto Gismonti (そしてその息子)
Egberto Gismontiさん(JAZZ WEEK TOKYO 2013の一貫)@ヒカリエ・シアターオーブ行った
てってってー☆タツキと。
ヒカリエ内開催の演劇/ライブは、チケット持ってるとヒカリエ内の飲食でいろいろサービスあってお得!
我々の行った店では、ドリンク1杯無料だった

まずシアターオーブ
コンサートホールとしてはいい環境だと思う(ちょっと椅子狭いか)
黒が基調。3階席は遠そうだな、位置高いし
今回のようなアコースティック/2名とかの場合は、なんとしてでも1階15列より前を取りたいところ

ジスモンチ息子
まだ来日してまで人前で演奏するレベルではないと、正直思った。
めちゃめちゃ上手いけど!単に、父親の曲をなぞってるだけな感じ。あと、父親について行けてない。
でも2009年にソロアルバム出してるな。緊張してたのかな…
年齢はちょっと調べてみたがわからない。ジスモンチさんが65だから、25はいってそうだけど、実物を見たら18くらいでも通用しそうな幼さが残る青年だった


そして!ジスモンチさん
もうまるで別格(あらゆる音楽家の中で)
きれいな音の人、凄いテクニックのひと、めちゃめちゃ正確な人
いろいろいるけど、ジスモンチさんはそれらと全然違う。
ともすればミストーン?っての多いし、雑然とした感じもあるが
それらが全て「ジスモンチの音楽」としての要素になっていると思う
とてもエキサイティング!
ギターがギターの音じゃない、ジスモンチって楽器の音になっていると思う

そしてピアノ。
ジスモンチさんのピアノが大好きです
今回、有名な人気曲ばかりやったのですが、すべて即興的アレンジ
収録してたけど、ぜひまた聴きたい
「7つの指輪」とかが、物語りになっているんだな、って言う事が、ライブだと実に良く解る
息子のギターとのデュオでは、かなり遠慮して
息子に道を示すようなプレイをしてらした
(ソロとぜんぜんスタイル/音の流れが違う!)
息子さんが、父の奔放さ・豪放さにまるでついて行けてないのが、残念ではあったけど
そんな息子に優しい、時に厳しいまなざしを向ける「父親・ジスモンチ」が見られた事は貴重だったように思う


いいコンサートでした
固定リンク | comments(3) | trackbacks(0) | この記事を編集する
<<パラノーマン | 月夜桜 >>
<< April 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
TAGS
ARCHIVES
SEARCH THIS SITE.
OTHERS
ADMIN